インタビュー・レポート

映画『旅のおわり世界のはじまり』で黒沢 清監督がした挑戦とは……?

【連載】「今、この人に会いたい!」黒沢 清監督 

『トウキョウソナタ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞、『岸辺の旅』で同監督賞受賞。国内外で評価の高い黒沢 清監督。

主人公だけを追いかけ、その一喜一憂に観客を巻き込みたい

日本とウズベキスタンの国交樹立25周年にあたる2017年。同年は、ウズベキスタンの首都タシケントにある、終戦直後に日本人が建設に関わったナボイ劇場が、完成70周年を迎えた年でもあります。これらの記念プロジェクトとして、両国初の合作映画が製作されることに。メガホンを取ったのは、黒沢 清監督。シルクロードに憧れがあり、タシケントや古都サマルカンドなど、かつて交易で栄えた都市にも興味があって、「とにかく行ってみたい一心」でオファーを受けたそう。そして、主人公の視点のみで描くことを決めます。

「ウズベキスタンを舞台にした物語にしたいと思ったときに、社会とか現代の状況のようなものに深く根ざしたものを考えつくのは難しいだろうと思ったんです。それをやるには何年も準備したり、いろいろ経験しないと無理なので、旅行者のように、それほど深くは関わらないけれども、数日間滞在しなければいけなくなった人を主人公にしてしまえば、いろいろなことに遭遇させられるかなと。客観的にみれば、事件でもなんでもないのですが、本人にとっては見知らぬ国ですから。そして、その人物だけを追いかけていけば、主人公の一喜一憂に観客を巻き込むことができるのではないかなと思ったんです」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading