インタビュー・レポート

「ハート泥棒大賞」の季節到来! 気になる結果は……話題のあの人が登場

人気インタビュー連載「今、この人に会いたい!」2018年11月~2019年2月配信、トップ5に輝いたのは?

超大型連休真っただ中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

この季節がやって参りました!
家庭画報.comの人気連載「今、この人に会いたい!」の「ハート泥棒大賞」の結果をお届けします。

 

「ハート泥棒大賞」第5位
早乙女太一(俳優)

1月に上演された音楽活劇『SHIRANAMI』に、早乙女太一さんが出演しました。幕末を舞台にしたエンターテインメント時代劇です。太一さんの役は、帝の妹・和宮のお守り役・菊霧。稽古場にお邪魔して、その心境などを伺いました。

妖艶な女性役も! 早乙女太一さんが音楽活劇『SHIRANAMI』に出演

 

 

「ハート泥棒大賞」第4位
小関裕太(俳優)

企画・プロデュースに『ラストエンペラー』のジェレミー・トーマスと『おくりびと』の中沢敏明さん、監督に『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』のバーナード・ローズ、音楽は『めぐりあう時間たち』のフィリップ・グラス、『乱』のワダエミさんが衣装デザイン……と、アカデミー賞各部門賞へのノミネートや受賞歴を持つスタッフが名を連ねる映画『サムライマラソン』に、小関裕太さんが出演。昨年、連続テレビ小説『半分、青い。』や『ゼロ 一獲千金ゲーム』といった話題作への出演が続き、主演作『わたしに××しなさい!』を含む4本の映画が公開された、注目の実力派若手俳優の魅力に迫ります。

映画『サムライマラソン』でチャレンジを重ねた小関裕太さん

 

「ハート泥棒大賞」第3位
西川貴教(歌手、作詞家、俳優)

2015年にブロードウェイで幕を開けた人気コメディミュージカル『サンシング・ロッテン!』。その日本人キャスト版で、 圧倒的な歌声で舞台でも活躍する西川貴教さんが、英国を代表する劇作家ウィリアム・シェイクスピアを演じました。演出・上演台本は、テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや、『今日から俺は!!』の脚本・演出などで知られる“コメディの奇才”福田雄一氏。さて、どんな作品に? 稽古場で西川さんに話を伺いました。

西川貴教さんが人気劇作家役で出演。『サムシング・ロッテン!』開幕! 

 

「ハート泥棒大賞」第2位
海宝直人(俳優、歌手)

フランスが誇る世界的ファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。その半生を描く新作ミュージカル『イヴ・サンローラン』で、海宝直人さんが東山義久さんとのWキャストで主演を務めました。“モードの帝王”と呼ばれた天才デザイナーの光と影をどう表現していくのか? 自身初のソロアルバムもリリースし、さらなる飛躍が期待される30歳にご注目を!

イヴ・サンローランの半生を初ミュージカル化。注目の海宝直人さんが出演!

 

第5位から第2位まで続けて発表しましたが、皆さんの予想は的中しましたか?
どの受賞者も大活躍の方たちばかりでしたね。
そして、栄えある第1位は? 誰の手に?
発表は明日、お楽しみに!

※下の写真をスワイプしてご覧ください。




「ハート泥棒大賞」とは?

 

人気インタビュー連載「今、この人に会いたい!」に掲載された記事(対象:2018年11月~2019年2月。連載特別編は除く)の1か月間の閲覧数を集計し選出したもの。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading