インタビュー・レポート

ニューアルバムをリリース! クレイジーケンバンドの横山 剣さんが語る、年を重ねる楽しさ

【連載】「今、この人に会いたい!」横山 剣さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり


一見コワモテだが、中身は優しくダンディなジェントルマン。独特の張りと渋みのある声も笑顔もイイネ!イイネ!

今回の“会いたい人”は、クレイジーケンバンド(CKB)の横山 剣さん。8月1日に、CKBデビュー20周年を記念したオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』をリリースしました。3年ぶりのオリジナルアルバムとあって、ソウル、ファンク、ジャズ、ボサノヴァ、レゲエなどなど、多彩な音楽が爆発しているゴキゲンな1枚。8月25日からは、新譜を携えた全国ツアーも始まります!

――CKBデビュー20周年おめでとうございます。バラエティに富んだ20曲が詰まった3年ぶりのオリジナルアルバム、楽しく聴かせていただきました。

「ありがとうございます。ここ2年は、すでにある曲をベスト盤に編集したり、人に提供した曲をセルフカバーしたりして、ちょっと鬱憤が溜まっていたので、やりたいことが爆発しちゃって(笑)。気分としては、Departure=出発、飛行機が飛び立つような感じ。デビュー20年周年を迎えて落ち着くんじゃなくて、ここからまた20年の旅を始めるぞ!みたいな気持ちでレコーディングしたアルバムです」

――ご自身のことを“作曲中毒”だとおっしゃっている横山さんですが、曲が浮かぶのはどんな時ですか?

「いちばんメロディが浮かびやすいのは、車の運転中です。録音もメモもしないので、ほとんど忘れちゃうんですけど(笑)。脳内で鮮明に鳴り続けて、忘れずに残ったメロディだけが曲になる。自分の曖昧な記憶頼みでつくってますね(笑)。詞のほうは、自分の妄想とリアルをミックスして書いてます。あまりにリアルだと生々しくなっちゃうし、“これ、私のことでしょ?”と言われても困るので。たまたま読んだ本や、見ていたテレビからヒントをもらって勝手に想像を膨らませたり、何かひとつキーワードがあると、そこからエンジンがかかるような感じです」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading