インタビュー・レポート

抱腹絶倒、しかもタイムリー!? 片岡愛之助さんが、再び“三谷版・ジキル博士”に!

【連載】「今、この人に会いたい!」片岡愛之助さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり

やわらかな関西弁で、ユーモアを交えながらにこやかに話す愛之助さん。優しく穏やかな人柄も人気の秘密。

片岡愛之助さんが出演する舞台『酒と涙とジキルとハイド』が、4月27日から東京で上演されます。2014年に初演された三谷幸喜さん作・演出によるコメディで、先頃行われた台湾公演も大成功を収めました。愛之助さんが演じるのは、人格を分ける新薬の発明に失敗し、学会発表を切り抜けるために、別人格のハイドを演じる俳優(藤井 隆さん)を雇うジキル博士。そのリハーサル中に婚約者イヴ(優香さん)がやって来たことから、抱腹絶倒の騒動が!

――『酒と涙とジキルとハイド』、4年ぶりの再演ですね。

「嬉しいです。三谷さんはたくさんお芝居を書かれていますが、数えるほどしか再演されていません。そんな中で、この作品を再演してくださる、しかも初演と同じメンバーでできるなんて、非常にありがたいことです。4年前は、僕も優香ちゃんも独身でしたし、時の流れを感じますね。三谷さんが新たに書き換えられた部分もありますし、よりパワーアップしてお届けしたいと思います」

――初演で印象に残っているのはどんなことでしょう?

「まず、稽古初日の顔合わせに台本が間に合ったことを、関係者の皆さんがとても驚かれていたことですね(笑)。台本が遅いことで知られている三谷さんですが、優香さんの初舞台ということで、気合いが入ってらしたみたいです。事前に『ジキル博士とハイド氏』のDVDを観ておくようにと渡されましたが、一体どの辺りが生かされているんだろう!?と思ったことも、よく覚えています(笑)」

 

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading