インタビュー・レポート

いよいよ開幕! 岸谷五朗さんと新田真剣佑さんが語る『ZEROTOPIA』の魅力とは?

【連載】「今、この人に会いたい!」岸谷五朗さん×新田真剣佑さん  ※チェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり

今回が初共演だが、すでに絶大な信頼を寄せ合う2人。舞台でどんな共演が見られるか楽しみだ。

岸谷五朗さんと寺脇康文さんによる演劇ユニット「地球ゴージャス」の最新作が、4月9日に幕を開けます。豪華客船の事故で、色彩のない島に漂着した人々を描く『ZEROTOPIA(ゼロトピア)』。各人の隠された過去が露わになるにつれ、実は皆、何者かの企みでその島に集められたことがわかり……という物語です。出演のみならず、作・演出も手がける岸谷さんと、地球ゴージャス初参加の新田真剣佑さんに話を伺いました!

――稽古もいよいよ大詰めですね。イメージ通りに仕上がっていますか?

岸谷「すごくいい感じだと思います。やりたいことや、ちゃんと稽古しなきゃいけないことが多いので、毎度のことながら、時間は足りませんけどね(苦笑)。今回もいいキャストが集まってくれたので、カンパニーの雰囲気はとてもいいですよ」

新田「はい、すごく楽しい稽古場です。みんなでダンベルやぶら下がり健康器を持ち寄って、“筋トレ部”をつくったんですよ。稽古場通いが毎日本当に楽しみです」

岸谷「真剣佑が持ってきたダンベルが、ものすごく重いんですよ。立ち回りで重い剣を持つので、俺もちょっと鍛えようと思って持ったんだけど、ビクともしなかった。重りを2個外したよ(笑)」

新田「かなり重いですよ、あれは(笑)。お陰で僕、肩回りが大きくなっちゃって」

岸谷「そうそう、衣装がすでにパンパンで、衣装係さんがちょっとムッとしてた(笑)。でもまあ、真剣佑は今回いちばん立ち回りが多いから、やっておくに越したことはないよね。しかもガンガン踊るし、歌もあるし、恋愛要素もあって……」

新田「ふう(小さく溜め息)。頑張ります!」

 

家庭画報 最新号

2018年5月号 3月31日(土)発売!

理想の「豪邸」拝見、シャンシャンに会いたい!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading