インタビュー・レポート

横浜流星さん、ストレス発散用としてローンで購入される彼氏になる!?

【連載】「今、この人に会いたい!」横浜流星さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり

今年は3月末から夏にかけて映画3本が公開に。うち2作(『兄友』、『虹色デイズ』)は主演作という、大注目の若手俳優・横浜流星さん。

 

21年間生きてきて、これまでないくらいに暴言を浴びせられる!?

『高校教師』や『ひとつ屋根の下』、『未成年』などを手がけた脚本家の野島伸司さんによるドラマ『彼氏をローンで買いました』。本作で野島さんが描くのは、現代女性のリアル。エリート彼氏と結婚して専業主婦になる夢を叶えるため、猫をかぶりながら奮闘するも、スレトスをためてしまい、その発散用としてローンで彼氏を購入するという大胆なストーリーで、主人公の浮島多恵を真野恵里菜さんが演じています。

「ジュンは借金を抱えていて、それを多恵に肩代わりしてもらうんです。その代償にローン彼氏に。性格的にはお調子者という印象を受けています」というのは、多恵に購入されるローン彼氏・ジュンを演じる横浜流星さん。ジュンはあくまでストレス発散用。それゆえに、「21年間生きてきた中で、こんなにも女性に暴言を吐かれるのは初めてですね(笑)」なんてことにも。それでも、「借金を肩代わりしてもらっているので、いいなりにならなきゃいけないんですよね」。ただし、演じている横浜さん自身は、「なんで俺、暴言吐かれてるんだろう、みたいな不思議な気持ち」になるそうです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading