インタビュー・レポート

中川大志さんが初の本格舞台『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』に挑む!

音楽劇『歌妖曲(かようきょく)〜中川大志之丞変化(なかがわたいしのじょうへんげ)〜』

中川大志さん

演じる役を昇華させるために“自分のこと”にする

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の畠山重忠役で武士の信念を貫いた生き様を圧倒的な演技で体現した中川大志さん。多くのファンが感じた“重忠ロス”に応えるかのように、中川さんにとって初の本格舞台作品となる音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』が上演されるという朗報が届いた。

舞台は歴史ある明治座で、ご自身の名前をタイトルに冠した新作だ。作・演出を手がけるのは大人気のNHKのコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』で中川さんを熟知している倉持 裕さん。今作に中川さんはどんな印象を持ったのだろうか?

「シェイクスピアの『リチャード三世』をベースにし、舞台を昭和の歌謡界に移した物語となっています。『リチャード三世』はディープな作品ですし、僕たちの世代からすると“昭和”という時代は今とは違う色鮮やかさがあってファッションや音楽にはとても新鮮なエネルギーを感じます。僕が演じる桜木輝彦と鳴尾定という光と闇、表舞台と裏の世界が大きな軸となっていくのですが、華やかな世界に血生臭さも感じられるような脚本でした。

僕は倉持さんの脚本でコントも演じさせていただいたことがありますが、倉持さんが描く“笑いの要素”が僕のツボで、すごく好きなんです。今回の作品は復讐劇なので悲劇的で残酷な苦しい時間が多いのですが、稽古を積み重ねていくなかで、シリアスなシーンが面白くなったり、その逆になったりと意図していないことや可能性が広がっていくことを楽しみにしています」

中川さんが演じる鳴尾 定は大手芸能プロダクションを経営する鳴尾一族の末っ子だが、ねじ曲がった四肢と醜く引きつった顔を持つため、存在を闇に葬られていた。

そんな彼が闇医者の手で絶世の美男子・桜木輝彦に変貌し、同じく鳴尾家に恨みを抱いた女性と結託して復讐を計画する。中川さんの素晴らしい演技力がまさに発揮される役どころだ。

「桜木輝彦、鳴尾 定は時代背景も含めてなかなか経験し得ない状況を生き抜いてきた男だと思います。彼という人間を“自分のこと”として知るためには、僕自身が経験した思い出したくない過去やトラウマなどの記憶に触れていかなければならないと思っています。

台本を読んだ時点では他人事ですが、想像はできても自分が実際に体験できないことを“自分のこと”にするためには必要な作業だと思います。どのくらいの境地に至ればその景色が見られるのか。暗いトンネルが続いていくのかもしれませんが、自分の負の部分も利用して役を昇華させていく時間は、大変であればあるほど、僕はやり甲斐を感じます」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading