インタビュー・レポート

眞島秀和さんが『クランク・イン!』に出演。“舞台に立つ”ということの意味とは

M&Oplaysプロデュース『クランク・イン!』

眞島秀和さん

舞台作品への出演は役者にとって純度の高い仕事

数々の作品の中の役として生きることで印象深い存在感を放ち、名バイプレーヤーとして活躍してきた眞島秀和さん。今回の出演作は、岩松 了さんが手がける新作『クランク・イン!』である。

“舞台に立つ”ということは、眞島さんにとってどんな意味を持つのだろうか。

「“舞台”の作品に出演することは、役者として演じるうえで、いちばん純度の高い仕事だと思っています。ライブでお客さまに観ていただくというシンプルな空間なので、それ自体を大事だと思っていますし、ある意味、自分にとって修業の場でもあると思います。お客さまの視線に怯まぬためには稽古期間の積み重ねも大事だし、この経験をすることで自分のメンタルが鍛えられるという面もあるんです。

僕はそれほど舞台経験が豊富なわけではありませんが、いつもあっという間に終わってしまいますね。稽古期間は目の前のやらなければならないことに向き合っているうちに本番を迎える。幕が開いてからは、日に日に熟成しているのをご覧になったかたから“変化している”といっていただいても自分では実感できないところもあります。“もしかして、こういうことなのかもしれない”と思い始めたときには千秋楽を迎えてしまう。その繰り返しですね」

眞島さんが岩松さんの作品に出演するのは初めてのこと。その心境を語った。

「岩松さんとは役者としては共演する機会が多かったのでよく知っていますが、演出家の岩松さんと仕事ができるのは楽しみですね。厳しいかただとはいろんな役者から聞いているので、少し緊張します。稽古では、同じ場面を繰り返す“返し稽古”が多いそうなのですが、それは自分の運命だと思って頑張ります。

岩松さんが手がけた作品はいくつか拝見していますが、人間の本性を汚い部分も含めてしっかりと描いていて、台詞もすごく計算されているなあと思いました。最近観た『いのち知らず』という作品には“一筋縄ではいかない”という印象が強かったですし、どういう稽古を積み重ねてでき上がったのか、すごく気になりました。

そして、今回出演するメンバーは僕以外、全員が女性なので、岩松さんも出演されたらいいのに!と思っています。富山(えり子)さんと秋山(菜津子)さんとは共演したことがあるので、稽古から始まって幕が開いた後も楽しんでいけるように思います」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading