フィギュアスケート

髙橋大輔選手、村元哉中選手がアイスダンスカップルに!

【連載】フィギュアスケート愛(eye)

フィギュアスケート愛(eye) 本誌『家庭画報』の「フィギュアスケート」特集を担当する、フリー編集者・ライターの小松庸子さんが独自の視点で取材の舞台裏や選手のトピックスなどを綴ります。バックナンバーを見る>>>

「大ちゃんは昔から憧れの選手でした。音の捉え方や、誰にもない個性が印象的で」と、髙橋大輔選手の魅力を語る村元哉中(かな)選手。髙橋選手も「アイスダンサー・かなちゃんのいちファンだった」と、リスペクトし合っている2人。2020年1月からは練習拠点をアメリカ・フロリダに移し、アイスダンスの指導で名高いマリーナ・ズエワヘッドコーチのもと、練習に臨みます。ズエワコーチも大喜びの、2人が作り出す世界を見られる日が待ち遠しいですね。

これは必見!2019年12月の全日本選手権が男子シングルとしては最後の競技会に

2019年9月30日。横浜市内で行われた、髙橋大輔選手と村元哉中(かな)選手の囲み取材へ行って来ました!

2018/19シーズンから現役に復帰した髙橋大輔選手が、“村元哉中選手とアイスダンスカップルを結成!”という衝撃のニュース。皆さんもさぞ驚愕なさったことと思います。村元選手が師事しているマリーナ・ズエワコーチにカップル結成のことを初めて話したときは、「(驚きのあまり)顎が外れていました(笑)。でもすぐに、ダイスケ!? いいわよ、絶対にいいわ!」と大興奮だったそう。確かに驚きではありましたが、その一方、頭の片隅で「なるほど。そう来ましたか!」と妙に納得している自分もいました。

もともとアイスダンスへの愛を隠さなかった髙橋選手でしたが、前にインタビューさせていただいたときに「注目しているスケーターは?」と尋ねたところ、「村元哉中選手」と返ってきた記憶があったのです。取材ノートをひっくり返してみたところ、やはり語っていました!

それは『家庭画報』2019年1月号「髙橋大輔 氷上への帰還」特集の取材で、ポートレート撮影とインタビューをさせていただいた2018年9月13日のこと。その時の録音を一部再現してみます。

かなちゃんと一緒に
アイスダンスでやろうかな

――今、注目しているスケーターはどなたかいらっしゃいますか?

髙橋選手(以下D) 村元哉中ちゃんがどうなるか。すごく好きなスケーターだから、気になってます。彼女のスケート、大好きなんですよね。一緒にアイスダンスでやろうかな(笑)。

――いいと思います!!

D いやいや、アイスダンスでやるには背が低いです、僕は(笑)。でも、彼女なら世界と張れそうだなと思わせてくれるアイスダンサーなので。まだまだ行けそうだから、彼女の今後に注目しています。

髙橋選手、冗談めかして話していましたが、この時、心のどこかではすでに本気だったんですね……。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading