インタビュー・レポート

心も体もしなやかに、今を丁寧に生きること。大地真央さん×黒木 瞳さん【特別対談】

私たち、心も体もしなやかに 輝く人生を謳歌しよう 宝塚歌劇団時代から続くおつきあいは、40年近く。退団後もトップ女優として多方面で大活躍する大地真央さんと黒木 瞳さんが、美と健康の秘訣と仕事への意欲を語ります。大切なのは柔軟さと、今を丁寧に生きること――。年を重ねてますます輝くお二人の言葉が、先の見えない時代を生きる私たちの心に染みてきます。

私たち、心も体もしなやかに 輝く人生を謳歌しよう
〈大地さん〉ドレス、ベルト、イヤリング、ネックレス、バングル/参考商品 〈黒木さん〉ドレス45万3000円/フェンディ(フェンディジャパン)ピアス954万5455円 リング1600万円/ともにグラフ(グラフダイヤモンズジャパン)
大地真央さん(だいち・まお)
1956年兵庫県生まれ。73年宝塚歌劇団入団(59期生)。男役トップスターとして一時代を築き、85年の退団後も多様なヒロインを演じ、文化庁芸術祭賞大賞(98年)など受賞多数。2021年2月・3月、東京・シアタークリエ、大阪・新歌舞伎座ほかで『ローズのジレンマ』に出演。
黒木 瞳さん(くろき・ひとみ)
1981年宝塚歌劇団入団、劇団史上最速で娘役トップに。退団後、第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。2020年秋監督作品3作目となる『十二単衣を着た悪魔』が公開。2021年1月10日よりNHKBSプレミアム連続ドラマ『カンパニー』に出演。

先が見えない時代だからこそ“フレキシブル”に

大地さん(以下、大地) ショーコ(黒木さんの本名)が月組に入ってきたときの第一印象はよく覚えているわ。ふわふわ、ひらひらした服装の娘役の子が多い中で、一人だけタイトスカートをはいていたのよね。それが私には新鮮でキラッと光って見えたの。「この子は面白い。何かが違う」って。最初に相手役になったのは『あしびきの山の雫に』(1982年)だったわね。ショーコは入団してすぐの大抜擢で。

黒木さん(以下、黒木) 右も左もわからない21歳でした。鮮明に覚えているのは、大津皇子(おおつのみこ)役の真央さんが辞世の句を詠んで亡くなるシーン。目から涙がふわーっと流れ出るのを恋人役の私は至近距離で見て、ゾクゾクッとしたんです。あのときの衝撃は忘れられません。まるで芸の神様が舞い降りてきたようで――。

大地 それはいいすぎよ(笑)。でも舞台の上では私たちは運命共同体。「月組のトップではなく宝塚のトップにならなければ意味がない」と本気で思っていたから、私に教えられることは全部、愛情をもって厳しく教えたつもり。プレッシャーをはねのけてよく頑張ったわよね。本当に努力家で根性があって、九州の女は強い(笑)。

宝塚歌劇団では“運命共同体”。
今は、姉であり母であり

黒木 真央さんからは舞台の“いろは”はもちろん、プロフェッショナルとしての意識も何もかも教わりました。私にとっては尊敬すべき師匠であり、頼りがいのある母であり姉であり――。

大地 あら、ショーコもときどき姉になるわよ。メールもラインもインスタグラムも「絶対にやったほうがいい」って一から教えてくれたじゃない。

黒木 それは私がSNSで真央さんとつながっていたい一心で……。

私たち、心も体もしなやかに 輝く人生を謳歌しよう
トップス79万円 パンツ18万円(参考商品)/ともにヴァレンティノチョーカー17万1000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク)リング1800万円/グラフ(グラフダイヤモンズジャパン)

「落ち込んでもいい。立ち上がればいい。
“前を向く”って、そういうことでしょ?」

黒木 朝食のスムージーは今も欠かさず続けていらっしゃるのですか。

大地 そうね。にんじん、りんご、小松菜、バナナを基本に季節の果物、ヘンプシードとチアシード、豆乳とベリー紅酢を加えて全部で13種類くらいを毎日。最近は物忘れ予防のために青切りシークワーサーも入れているの。そういえばショーコは朝からラーメンでも平気な人だったわよね?(笑)

黒木 ラーメンではありません、焼きそばです……いえいえそれは昔の話(笑)。今はちゃんと栄養を考えて料理を作っています。最近の定番は、オリーブオイルでにんにくを炒めて山盛りのフルーツトマトを煮込んだリコピンたっぷりの特製ポモドーロと、一度にたくさんの野菜をとれる豚汁。

口に入れるものはオーガニック。
効果抜群のタップダンス

大地 本当に食事と運動は健康の基本よね。私は果物、野菜、穀類、卵はもちろん、歯磨き粉もできるだけオーガニックを心がけているの。そして自己流のストレッチと週1回のパーソナルトレーニングで汗を流して……舞台に立つ緊張感も大事ね。タップダンスはまだ続けているの?

黒木 もう20年。タップダンスってなかなか上達しないんです。ストイックにならざるを得ない修行のような練習が性に合うみたいで。おかげで体脂肪率が下がり、筋肉がつき、宝塚時代は太かった足も細くなりました(笑)。

大地さんに3つの質問

Q1.最近新しく始めた健康法は?
スムージーに青切りシークワーサーをプラス。物忘れ予防にいいらしいの(笑)。

Q2.年を重ねることの魅力は何ですか?
人間関係が長く続いていく中で、大切な人をより大切に思えるようになること。

Q3.落ち込んだときに立ち直るコツは?
無理にでも口角を上げて、笑顔をつくる。脳がだまされて、不思議と元気になります。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading