インタビュー・レポート

小西真奈美さんの魅力を4人のプロデューサーが引き出したアルバム『Cure』

改めて感じた喜びと、発見できた新たな可能性

「プリプロ(※プリプロダクション。仮録音)があって、スタジオに入って音色を探してフィーリングを確かめ合って……。そういうレコーディングに向かっていく過程がまったくない状態でした。でも、どういうふうにすればより伝えられるんだろうかと考えることは、すごく勉強になりましたし、直接会わなくても曲は作れるんだっていうことがわかって。例えば、今後ご一緒したい方が違う都市だったり、違う国だったりにいらしても、できるんだっていう。そんな広がりに希望が持てました」

新たな可能性が発見できた一方、亀田さんには録音スタジオで会え、「会えた!って、ちょっと半泣き(笑)」になったという小西さん。また、「後藤さんがソロ活動のときにご一緒されているバンドの方々と私も一緒にやらせていただくっていうことで、スタジオで皆さんが鳴らす音を聞いたときに、一人で盛り上がっちゃいました」。そんな経験を経て、「離れていてもできるんだっていう一つの希望を見いだせたことプラス、やっぱり集まれるって素敵だなということも感じた制作過程でした」。

次のページ

無謀な挑戦!?

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading