インタビュー・レポート

キャンディーズ時代のヒット曲も満載! 伊藤 蘭さんが届ける歌の花束

――『My Bouquet』の多彩な楽曲もそれぞれに素敵でした。コンサートで歌ったことで改めて気づいたことはありますか?

「皆さんに喜んでいただきたいという気持ちで作って、自分自身も充実した気持ちになれたアルバムなので、やはり生で聴いていただけて嬉しかったですね。と同時に、次はどういう感じのものにしよう?と考えたときに、皆さんが楽しめるようなダンサブルな曲はどうだろう?と。ライブ用というわけではないんですけれども、会場全体で盛り上がれるような曲もあるといいなと思いました」

――早くも次のアルバムの構想が!「Wink Wink」「ミモザのときめき」「女なら」では、作詞も手がけられていますが……?

「そうですね。チャンスがあれば、また作詞もやってみたいです。そのときは、母音にも気をつけて詞を書くことにします。そうしないと、自分の首をしめることになると今回気づかされたので(笑)。実際にライブで歌ってみると、ロングトーンで伸ばす言葉の母音が“お”になるか“あ”になるかだけでも、全然出しやすさが違うんですよ。なんだかプロっぽい発言ですけど(笑)」

伊藤蘭
コンサートでは、スーちゃんこと故・田中好子さんが作詞した曲も歌う。「涙で歌えなくなることだけは避けたいと思って、自分の中で“涙だけはNG”と決めて臨んでいます」

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading