インタビュー・レポート

観たらお腹がすく映画!? 『最初の晩餐』に出演する染谷将太さん


お気に入りは、「本当の意味で家族が揃うシーン」だという染谷さん。「なんだかわからないけど踏み出した感じがするのが好きです」

役じゃない部分でも心が動いた、窪塚洋介さんとのシーン

15年。それは、兄・シュン(窪塚洋介)が家を出て行ってからの年月。15年ぶりにシュンが戻ってきたシーンを、窪塚さんは「言葉を交わさなかったぶん、逆にたくさん通じ合うものがあった」と振り返っています。窪塚さんとの共演は久しぶりで、「役じゃない部分でも動かされたところがあって」という染谷さんは、「“この人、知ってる。けど、久しぶり”っていうのが、(麟太郎と)つながってしまって、より麟太郎の感情に拍車をかけたというか。驚きと感動と困惑もあり、それがいっぺんに湧き出てきた、そんなシーンでした」と話しました。

本作の撮影中に、「家族が動き出した瞬間みたいなものを何度か感じて、鳥肌が立ちました」という染谷さん。「台所ですき焼きを食べるシーンだったり」でそれを感じたそうで、「離ればなれになっていたものが少しずつ引き寄せられて、家族がまた始まりつつあるっていう瞬間」がそこにあり、「この感覚はぜひお客さまにも伝わってほしいなと思いました」。

「“家族ってこうだよね”とか“こんなにいい家族です”とか、そういう説教くさいものはなく、押しつけられるものでもないですし、何かを教えられるわけでもない。でも、家族ってそういうものだと思っていて。いろんな形の家族がありますけど、どんな形であろうと、存在しているわけです。それを提示して、自分の心のひだに触れてくる映画だと思いうので、ぜひ観てほしいですね。観終わったら、お腹がすき、そして誰かに電話をしたくなると思います」

染谷将太/Shota Sometani

俳優

1992年9月3日生まれ、東京都出身。2001年、『STACY』でスクリーンデビュー。12年公開の映画『ヒミズ』で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人で初めて受賞する。近年の主な映画出演作に『3月のライオン』、『きみの鳥はうたえる』、『パラレルワールド・ラブストーリー』など。2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』に織田信長役で出演。

 

『最初の晩餐』

監督・脚本:常盤司郎
出演:染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏
森 七菜 楽駆 牧 純矢 外川 燎
配給:KADOKAWA

11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト http://saishonobansan.com

Ⓒ2019「最初の晩餐」製作委員会

染谷将太さんからサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント!

【応募方法】

サイン入りチェキの応募締め切りは2019年11月24日(日) 9時00分です。
下記応募フォームに、必要事項を入力してください。なお、ご応募は、お1人様1回限りとさせていただきます。
複数回のご応募は、無効とさせていただくことがございますのでご了承ください。 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。編集部へのお問い合わせはご遠慮ください。
たくさんのご応募、お待ちしています! 応募する>>>

※個人情報の取り扱いについて ご記入いただいた個人情報およびアンケートの回答は、㈱世界文化社にて管理し、当選の通知に利用するとともに、個人が特定できない統計データとして、よりよい誌面・サイトを作るため、および弊社のマーケティング活動のための参考資料とさせていただきます。利用目的にご同意のうえ、お申し込みください。当選の権利は、ご当選者様本人にのみ帰属し、第三者への譲渡・換金・転売等は一切出来ません。また、賞品の転売行為は固く禁止させて戴きます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading