インタビュー・レポート

綾野 剛さん、杉咲 花さん「映画という虚構のなかでひとつの噓もなく生きる」

「こんなに早くご一緒できて、嬉しかったです」—杉咲 花

杉咲花さん

キュピレットドレス/ドゥーブルメゾン

繊細さと狂気を併せ持つ、憑依型の役者としてその高い演技力が評価され、毎回、どんな役を演じても、ファンの期待を裏切ることのない綾野さんと、若手女優の注目株として、映画にテレビに活躍中の杉咲さん。

綾野さんは、映画祭の受賞式などで同席する機会のあった杉咲さんに、“いつか一緒にできたらいいね”と声をかけていたそうで、“こんなに早く共演できたことは本当に嬉しかったけれど、難しい役だったので不安もありました”と杉咲さんはいう。

「綾野さんは、カメラが回っていないときもずっと役を生きているかたなのでは……と勝手に想像していたので、初日は自分がどういうスタンスでいればよいかわからなかったんです。

でも、現場では映画に関係ないことも含めていろいろ話をしてくださるし、撮影中に迎えた誕生日には、プレゼントまでいただいてしまって(笑)。豪士と紡が一緒にいる時間は長くはなかったけれど、いちばん安心できる時間でした」(杉咲さん)

「相性のよさといえばそれまででしょうけれど、互いに感じていることを察知できるので、ずっと静かなコミュニケーションができていました。実は台本を読んで、僕は“おおっ”となったんです。

主役として、自分が消えた後も最後の最後まで、紡や浩市さんが演じる善次郎の心に焼きついて生きなければならない存在だったけれど、限られたシーンのなかで、どこまで彼らの裡(うち)に残ることができるだろうか、と。

でも、僕たち3人は、監督の演出と物語が持っている力によって、どんどんひと塊になっていったし、最終的には紡が作品を背負っていってくれると信じていました」(綾野さん)

綾野剛さんと杉咲花さん

完成作品を見た共演者の表情から「すごい映画ができていると思ったけれど、その中で綾野さんはどこか清々しく見えました」という杉咲さんに、「紡がかすかな光を感じて、その先を生きようとする姿が、僕には希望として残ったから」と綾野さん。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading