インタビュー・レポート

前田敦子さんが初めての母親役と関西弁に挑戦した映画『葬式の名人』

みんなで作り上げている感覚がこれまでになくあった撮影現場

前田さんを支えた共演者がもう一人。それは、雪子の息子・あきお役の阿比留照太さん。本作が映画初出演作です。「すごく人懐っこい」と前田さんが言う阿比留さんとは、「あっという間に仲よくなれました」。撮影現場でも、「ずっと私の楽屋にいてくれましたし、何も心配することなく。すごく楽しそうにしてくれていたので、かなり救われたなと思います」。しかも、阿比留さんは台本をすべて覚えていたそうで、「“次、どこだったけ?”って聞くと、コソコソッと教えてくれるくらい完ぺき」だったとか。「天才だと思うんです。これからがすごく楽しみ」と母(前田さんいわくは姉)のような目で「応援したい」と話す前田さんでした。

しかし、撮影中はちょっとした不安もあった様子。「母と子の部分を大切にしてほしい」と言われたくらいで、「まったく演出を受けなかったんです」と前田さん。だから、「みんなでいろいろ話し合ったりして。みんなで作り上げるっていう感覚がすごくありました」。

「いいものが撮れているので大丈夫ですって言ってくれていて。それを信じるしかないとは思っていたんですけど、でき上がったものを観たときに、監督の意図がすごくよくわかって、感謝しました。監督は、(自分の意図を)みんなが意識して違うものに変わっていってしまうのが嫌だった、だから僕も耐えましたって。すごくいい経験でしたし、普段はそういう演出をされる方ではないんだろうなと思うので、次が気になりますね」


「第三者がみんなを見てる、みたいに撮りたかったんだと言われて。だから、現場では客観的でいるようにしたんだろうなと思います」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading