インタビュー・レポート

“幻の”カフカ作品を舞台化!? 演劇界の鬼才が放つ新作に瀬戸康史さんが出演!

見かけによらず低い声の持ち主。そのギャップがまた、たまらない。

――作品の題材は、KERAさんが敬愛し、これまでもたびたび取り上げてきた作家フランツ・カフカの架空の長編小説。ありもしない原作を舞台化するという発想からしてユニークです。

「さすがKERAさんだなと思います。白井 晃さん(本作品をプロデュースするKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督)も、騙されたそうです。最初にKERAさんから“カフカの4作目の長編を知ってますか?”と言われて、〝そんなのあるんですか?”と前のめりに反応してしまったと、笑って話されてました」

――カフカの作品にはどんなイメージをお持ちですか?

「やっぱり難解なイメージがあります。カフカの『変身』と『城』を読んだんですけど、『城』は本当にわけがわからなかったし。でも、この『ドクター・ホフマン~』はKERAさんが書くカフカの話なので、そんなに難しく考えなくていいのかなとも思ったり。というか、まだ何のヒントもない状態なので、正直どういうスタンスでこの作品に臨めばいいのか、出演する側もよくわかってないんですよ(笑)」

――舞台の題材になるはずの小説も、KERAさんの頭の中にしか存在しませんしね。

「そうなんです。ただ、かなり自由度が高い作品にはなるだろうなと思ってます。カフカが書いた3つの長編はどれも未完だったり、途中が抜けていたりするので、シーンが飛んだり、ちゃんと結末がなくても、“カフカはそういうものだから”って言えるじゃないですか(笑)。稽古が始まったらまず最初に、カフカのこういう部分を面白がりたい、楽しみたいというような話をみんなにするとKERAさんがおっしゃっていたので、前回もそうだったように、みんなで話しながら作っていけたらと思います」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading