インタビュー・レポート

映画『パラダイス・ネクスト』に出演。豊川悦司さんが語る極意とは?

『パラダイス・ネクスト』のテーマ曲を手がけているのは坂本龍一さん。豪華な顔ぶれが揃う。

――俳優としての今後の展望をどんなふうにお考えですか?

「展望があるんですかねえ……お話をいただいて、これをやってみようと思って、それをとにかく少しでもいいものにする……そのことの繰り返ししかないのかなという気がします。ただ今回、監督とカメラマン以外が、ほとんど台湾のスタッフという中でやらせてもらって、やっぱりすごく楽しいなと感じたんですね。だからまあ、これからは海外の作品に参加するチャンスがあれば、国を問わずちょっと積極的にやってみたいなと思います」

――こんなふうに年を取っていきたいというイメージがあったら教えてください。

「こんなふうに年を取りたいと思っても、取れるもんじゃないですからね。むしろ、年を取った自分を好きになることのほうが大事っていうのかな。好きになれるような年の取り方じゃなくて、年を取った自分を好きになる方法のほうが大事なような気がします。そうやっていけば、たぶん素敵な老人になるんじゃないかなと。まあ、先のことなのでわからないですけど(笑)」

――役を好きになることと通じるものを感じます。昔からそういった考えをお持ちなのですか?

「いや、何かこう、年とともに、勝ち目のないことに抗う気がしなくなってきたんですよ。むしろ、どうやったら気持ちよく受け入れられるか?に労力を費やすほうが、よっぽど効率がいいことに段々気がついてきた。まあ、もちろんストレスもそれなりにあるんですが、それも含めて、人生なんて何をやっていても楽しんだ者勝ちですから」

――確かにそうですね。誰しも否応なく年を取っていくわけですし。

「そうですよ。それに年を取れば、別に何をしなくても素敵になる。生き物はそういうふうにできていると、僕は思いますけどね。だって“おばあちゃん”って言葉を聞いただけで、すでに何だか可愛らしい感じがするじゃないですか。ツンケンした若い頃よりも、人としてよっぽど可愛いイメージがある。だから、自信を持っていいんじゃないですかね、年を取ることに」

――なんだか勇気づけられます。そんな豊川さんから、最後にメッセージをお願いします。

「『パラダイス・ネクスト』は、観てもらえばきっと好きになるタイプの映画だと感じています。観ても好きにならない人は、たぶん、はなから興味がない人だと思うので、少しでも興味が湧いたなら、ぜひ映画館に観にいらしてください」

豊川悦司/Etsushi Toyokawa

俳優

大阪府出身。『3-4X10月』『12人の優しい日本人』『きらきらひかる』などの映画で注目される。その後、映画『Love Letter』『八つ墓村』、TVドラマ『NIGHT HEAD』『愛していると言ってくれ』『青い鳥』などに出演、人気・実力ともに日本を代表する俳優となる。近年では『愛の流刑地』『犯人に告ぐ』『20世紀少年』(3部作)、数々の映画賞を受賞した『今度は愛妻家』『必死剣 鳥刺し』や、新藤兼人監督の遺作となった『一枚のハガキ』など、多数の話題作に出演。昨年放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の秋風羽織役も記憶に新しい。

© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

『パラダイス・ネクスト』

監督・脚本・音楽:半野喜弘 音楽:坂本龍一
出演:妻夫木 聡、豊川悦司、ニッキー・シエ、カイザー・チュアン、マイケル・ホァン、大鷹明良
配給:ハーク

7月27日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
公式サイト/http://hark3.com/paradisenext/

豊川悦司さんからサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!

【応募方法】
サイン入りチェキの応募締め切りは2019年8月4日(日) 9時00分です。
下記応募フォームに、必要事項を入力してください。なお、ご応募は、お1人様1回限りとさせていただきます。
複数回のご応募は、無効とさせていただくことがございますのでご了承ください。
当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。編集部へのお問い合わせはご遠慮ください。
たくさんのご応募、お待ちしています!
応募する>>>

※個人情報の取り扱いについて
ご記入いただいた個人情報およびアンケートの回答は、㈱世界文化社にて管理し、当選の通知に利用するとともに、個人が特定できない統計データとして、よりよい誌面・サイトを作るため、および弊社のマーケティング活動のための参考資料とさせていただきます。利用目的にご同意のうえ、お申し込みください。当選の権利は、ご当選者様本人にのみ帰属し、第三者への譲渡・換金・転売等は一切出来ません。また、賞品の転売行為は固く禁止させて戴きます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading