インタビュー・レポート

注目の俳優・宮沢氷魚さんが、舞台『CITY』で柳楽優弥さんと共演

【連載】「今、この人に会いたい!」宮沢氷魚さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり


アメリカ生まれの日本育ちで、英語と日本語のバイリンガル。優しくもクリアな声がまた魅力的。

今回の“今、会いたい人”は宮沢氷魚(ひお)さん。モデルであり、俳優としての活躍も目覚ましい25歳です。5月~6月には、3作品目となる舞台『CITY』に出演。その心境と、透明感あるピュアな輝きを放つ素顔に迫ります!

――『CITY』は、今最も注目を集める若手演劇人の一人、藤田貴大さんが作・演出する新作舞台。昨年の宮沢さんの初舞台『BOAT』も藤田作品でしたね。

「僕は知らなかったんですが、『BOAT』の公演中に事務所にオファーがあったそうです。藤田さんが“次の作品もぜひ氷魚くんと”と言ってくださったと後で聞いたときは、本当に嬉しくて。今回も各場面が本のようにチャプターで分けられたつくりになっていて、場面転換にもすごくこだわりが感じられて……。また藤田さんらしい舞台になるんだろうなと思って、とても楽しみにしています」

――象徴的なシーンを別の角度から繰り返し見せる映像的な手法など、独特の作風と世界観を持った藤田作品。今回は柳楽優弥さんを主演に迎えて、都市を舞台に“ヒーロー”を描くと伺っています。

「藤田さんの作品は全部カッコイイと思うんですけれども、今回は都会を描いているので、さらにカッコよさがあるものになると思います。お芝居を生で見てみたいと思っていた柳楽さんと、初共演できるのも楽しみです。柳楽さんが演じるのは、妹の事故死の真相を追っているうちに町を守る存在になっていく青年で、僕はそれを手助けする幼なじみの役なので、間近で見られるなと思って。でも、まさか1年の間にご夫婦それぞれと共演するとは思いませんでしたね(笑)」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading