インタビュー・レポート

東出昌大さん演じるボクちゃんら、コンフィデンスマンが帰ってくる!

お人好しのボクちゃんは、もしかしてけっこう悪い奴!?

ボクちゃんは、詐欺師稼業から足を洗って真っ当に生きていきたいと思いながらも、幼なじみの天才詐欺師・ダー子(長澤まさみ)に振り回されてばかり。騙すことも得意ですが、お人好しが災いして騙されることも。東出さんが演じることで、ボクちゃんがより愛らしいキャラクターに仕上がっています。でも、東出さんいわく「ボクちゃんの要素は、僕にはまったくなくて。特に、かわいらしさとか」。自身とは真逆ゆえ、ドラマのときから「どういうふうにすればこのセリフが成立するんだろうって思うことがありました」。

「ドラマに入る前は、ボクちゃんをすごくストレートな人間だと思っていたんです。でも、台本を読み進めていくうちに、“あれ? もしかしたらけっこう悪い奴なんじゃないか”って思うようになってきて(笑)。実はボクちゃんがつけている時計って、けっこうな高級時計なんです。だから、(詐欺師を)やめるって真剣に言っていても、悪い奴がいてお金が稼げるんだったらいいかなって戻ってきちゃう。自分勝手な人だし、騙されるふうを装って騙してたとか、そういうことができる人。なかなか底が知れない人だなと思います」


「やめるって言うのもダー子に怒るのも真剣なんですけど、学ばないのか、わかってやってるのか。ボクちゃんって、ある意味すごい」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading