インタビュー・レポート

「最近観た中で一番面白い」と成田 凌さん絶賛の映画『愛がなんだ』


本作の登場人物を「鈍感な人間たちが近くに似たようなものを見ながら、自分には投影できず。鏡を見ないで生きている感じ」と表現。

テルコの気持ちもマモルとの時間も、どんどんわからなくなる

マモルに恋したテルコは、究極の片思い中。そんなテルコが抱いたのは、「好きな人と同化したい」という独特な感覚。独特すぎて、「どういう感じなんですかね。その人のようになりたいとかは思うけど、その人になりたいというのは、自分を否定するに近いことなのかなとも思うし。好きを超えた別の感覚なんですよね、たぶん。……よくわかんないなぁ」と成田さん。

成田さんにはわからないことがもう一つ。片思いのテルコですが、“追いケチャップ”が出ちゃうような、マモルとの甘い時間もなくはない。その時間が、「僕としては謎なんですけど」。

「愛があるかと言われたらそうでもないけど、シャンプーしてあげたりとか、意外といろいろしてあげたり。考えれば考えるほど、よくわからないんですよね。3日間くらい、(本作に関する)取材をやってますけど、どんどん言ってることが変わってる気がする(笑)。だって、どんどんわからなくなってますもん」

相当に頭を悩ませる成田さんから、最後に読者の皆さんへのメッセージです。

「好きなんだか好きでもないんだか、その間でもない、みたいな別の種類の恋愛映画という感じなので、すっごい共感できるけど、すっごい共感できない、みたいな。なんだかよくわかんない映画になってます(笑)。ただ、言えることは、最近観た映画の中で一番面白かった。ぜひ皆さんにも観ていただきたいです」

成田 凌/Ryo Narita

モデル・俳優

1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。2013年より雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務め、14年にはドラマ『FLASH BACK』で俳優デビュー。近年の主な出演作に、連続テレビ小説『わろてんか』、映画『劇場版コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』、『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』など。『さよならくちびる』、『カツベン!』、『窮鼠はチーズの夢を見る』が公開待機中。

『愛がなんだ』

原作:角田光代『愛がなんだ』(角川文庫刊)
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田 凌 深川麻衣 若葉竜也 穂志もえか 中島 歩 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス

4月19日(金)テアトル新宿ほかロードショー

公式サイト/http://aigananda.com

© 2019映画「愛がなんだ」製作委員会

成田 凌さんからサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント!

【応募方法】
サイン入りチェキの応募締め切りは2019年5月12日(日) 9時00分です。
下記応募フォームに、必要事項を入力してください。なお、ご応募は、お1人様1回限りとさせていただきます。
複数回のご応募は、無効とさせていただくことがございますのでご了承ください。
当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。編集部へのお問い合わせはご遠慮ください。
たくさんのご応募、お待ちしています!
応募する>>>

※プレゼント応募は、申し込みを締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。

※個人情報の取り扱いについて
ご記入いただいた個人情報およびアンケートの回答は、㈱世界文化社にて管理し、当選の通知に利用するとともに、個人が特定できない統計データとして、よりよい誌面・サイトを作るため、および弊社のマーケティング活動のための参考資料とさせていただきます。利用目的にご同意のうえ、お申し込みください。当選の権利は、ご当選者様本人にのみ帰属し、第三者への譲渡・換金・転売等は一切出来ません。また、賞品の転売行為は固く禁止させて戴きます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading