インタビュー・レポート

「最近観た中で一番面白い」と成田 凌さん絶賛の映画『愛がなんだ』

ゴールにたどり着くためには、1カットもミスできない

「これを言ったら傷つくんだろうな、嫌な気持ちになるんだろうなみたいな、普通の人だったら理性で抑えられるものを、マモルには理性が全然ないので、言っちゃう。だから、モテないんだろうな〜って。でも、結果的にマモちゃんはどこか憎めないっていうのがゴールなんですよ。そこに行くためには、すべてが程よくなきゃいけなくて。1カットでもミスをしたら、ただの嫌な奴になったり、“いい人と思われたいのか!?”みたいなことになる。そのへんのバランスがとても難しいなと。だから、一つひとつを考えて、とっても丁寧にやりました」

以前から親交のある今泉力哉監督とは「一つのシーンをどこに持っていくかみたいなものを何パターンも準備して、すごくたくさん話をしました」と成田さん。それは、「お芝居の話を2人で飲んでるときにしているような感じ」だったそうで、成田さんからアイディアを出すこともあったとか。

「アイディアっていうほどでもないですけど……。(今泉監督とは)いい緊張感みたいなものは必ずあるんですよ。その中で、“こうしてほしい”じゃなくて、お芝居に向き合う前に“こういう雰囲気にしたい”とか“こういうふうに持っていきたい”とか、そのときのマモルの心の持ちようと変化を話し合いました」

今泉監督が昔やっていたワークショップに成田さんが行ったことからつきあいが始まり、「いつか一緒にやりたいね」と話していたそう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading