インタビュー・レポート

家入レオさんが初の映画タイアップ曲『この世界で』をリリース

求められているのは、自分にしか歌えないもの

尾崎さんによる楽曲『Relax』や『パパの時計』なども含むアルバム『TIME』は、「私がどれだけ音楽に染まれるかというところで、いろんなクリエイター、ミュージシャン、アーティストの方々と音作りをしてバラエティに富んだ楽曲を収録した1枚になりました」と家入さん。そのアルバムをひっさげてのライブツアーで、「みんなに受け入れられるものというより、私にしか歌えないものを求められているんだなと改めて気づいたんです」。それを尾崎さんと共有した上で、今作が完成。ゆえに、「私にしか歌えない曲を作ってくださったなと思います」。

そんな楽曲のレコーディングには、尾崎さんも立ち会いを。そこで「最初から最後まで一度歌ったときに、“次のテイクは、ただ寒いってことを感じながら歌ってください”って」言われたといいます。

「曲のバックボーンを構築すること、軸を定めていくことは、作品を表現する前に必要な準備だけど、気持ちは作っちゃダメなんだ、って。歌い出したら何も考えない。ただ心が動いたとおりに歌うこと。気持ちを作り込んでよさを出すのは違うなぁ、と。尾崎さんはシンガーを必要としているんじゃなくて、家入レオを必要としてくれているんだなと思って。“ただここにいる”っていうだけで訴えるものがあるような感じで歌いました」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading