インタビュー・レポート

アルバム&ツアー“WALK”も好評! 布施 明さんが伝える歌の醍醐味

レコード大賞ほか多くの賞に輝いた「シクラメンのかほり」をはじめ、ヒット曲を多々持つ布施さんだが「過去には関心がないんです」と。自宅には昔のレコードが1枚もないのだそう。

――どの歌も素晴らしいのに、2小節だけですか!?

「たとえば、レコーディング中にチラッと見た譜面や歌詞の言葉が、自分の頭の中で“音”として響いてしまったら、もう悲しい。

その瞬間、“歌の心が逃げている”ことになるから。もちろん、できるだけそういうことがないようにと思ってやってはいますが、100%満足できることは滅多にない。

コンサートも同じで、思うように歌えなかったり、思うようなところへ持って行けなかったりして、悔しいなあと思う。

それで終わった途端に、次のツアーの台本を書き始めたりするので、悔しさが原動力になっていることも事実ですね。一歩でも半歩でも前に進みたいですから」

――アルバムのタイトル『WALK』にも、そんな気持ちが込められているのでしょうか。

「そうですね。表題曲のメロディ自体は、ポール・バラードさんというイギリス人の作曲家が作ってくれたものです。

聴いた時にいいなと思って、作詞家の松井五郎さんに、20代前半から歌っている『マイウェイ』に代わるものができたら……という話をしました。もう一つ、地平線の話もしましたね」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading