動物

共に暮らし始めたとたん仕事が…俳優平岳大さんに転機もたらした2匹の猫

猫のいる愛しき人生! 第1回(全5回)

なにげない日常に、ある日やってきた猫が人生を変えた―。猫と暮らす、あるいは暮らした5人の愛猫家の皆さまに傍らに猫のいる心豊かな日々を語っていただきました。

第1回目は、俳優・平 岳大さんと愛猫のサンダー、サモンのお話です。

平 岳大さんと一緒に暮らす2匹

平 岳大さんと一緒に暮らす2匹。カメラに興味津々のサンダーと、平さんに抱かれながら心配そうにサンダーを見つめるサモン。

猫たちが役者としての転機をもたらした

スーパー歌舞伎や海外映画など俳優として活躍の場を広げる平 岳大さんとともに暮らす、サンダーとサモン。2匹とも運命的な出会いでした。

サンダー(雄/10歳

サンダー(雄/10歳)
食いしん坊で、いつもご飯を待ち構えているサンダー。 苦労して育ったため我慢強く、懐の深い性格を持つ。

「サンダーは、浅草の雷門にいたホームレスらしき男性から託された雄猫です。食事の待ち合わせに早く着いて待っていたところ、そばで男性と猫が一緒に缶詰を食べていました。すると『自分よりもお兄さんと一緒にいるほうがこの猫も幸せだから』と突然手渡されたのです。そのまま連れて帰り、猫との暮らしが始まりました」と平さん。

「彼は招き猫です。一緒に暮らすようになってすぐに舞台の仕事が舞い込み、初めてのNHK大河ドラマの出演が決まったのです」

サモン(雌/7歳)

サモン(雌/7歳)
怖がり屋さん。サンダーがくるまっている毛布にもぐり 込んでいつの間にか奪い取るなどお調子者の一面も。

サモンと出会ったのは、その3年後。仕事が忙しくなり、長期に家を空けることも増え、寂しがるサンダーのためにもう1匹飼ってもいいかなと考えていた頃のこと。

「茨城の山中にあるオープンセットでロケをしていたところ、スタッフが野良の雌の子猫を見つけて抱えていました。怯えている様子で震えていましたが、手を伸ばすと、すぐに僕の手を伝って肩の上まで上がり、そこから動かなくなってしまったのです。その瞬間、わが家の2匹目の猫に決まりました」

サンダーとサモンはすぐ仲よしに。平さんの仕事はその頃から幅がぐんと広がり、現在に至っています。

雷門で出会ったサンダー、役の名をつけたサモン

平さんの肩によじ登るのが好きなサモン

出会ったときと同様、平さんの肩によじ登るのが好きなサモン。

撮影スタジオに到着すると、好奇心旺盛なサンダーはすぐに周囲を徘徊。居心地のよさそうな隅っこに陣取りました。怖がりのサモンはキャリーバッグが開いても顔を上げず、なかなか外に出てきません。

名前の由来は、どちらも出会ったときのエピソードにちなんでいます。

「サンダーは出会った場所、雷門から。サモンは、NHKドラマ『塚原卜伝』の山崎左門役のロケ中に出会ったので、雌なのですがサモンと名づけました。

こう見えて、サモンはちょっとお調子者。苦労人のサンダーは、そんなサモンを受け入れる度量がある“大人”です。僕がサモンを連れ帰ると2匹はすぐに仲よくなり、一度も喧嘩したことがありません」と平さん。

落ち込むことがあまりない平さんですが、一度、部屋で頭を抱えるほどの悩みに苦しんでいたときに、サンダーが珍しく膝の上に乗って、遊ぼうぜ、遊ぼうぜ、と励ましてくれたことがあったそう。

「サンダーは初めて飼った猫で、苦労して育てた分、深いところでつながっている同志のような存在です。猫と暮らすことで、将来生まれてくる子どもとのつきあい方や、しつけ方のレッスンをさせてもらっているような気がします」

平さんとサンダー&サモンのオフショット

下のPhoto galleryの写真を左にスワイプさせるか、右の>のアイコンをクリックしてご覧ください。

平 岳大(ひら たけひろ)

1974年、東京都生まれ。2002年、舞台『鹿鳴館』でデビュー。5月27日までスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』名古屋公演に出演。Kazu役で出演したウィリアム・オルソン監督のハリウッド映画『I am not a bird』が2019年に公開。

http://sundaytripper.com/

撮影/平岩 享 ヘア/Dai Michishita 取材・文/安藤菜穂子

『家庭画報』2018年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading