インタビュー・レポート

ほかではできないことをやらかしたい。松岡 充さんが名作『三文オペラ』に挑む

【連載】「今、この人に会いたい!」 松岡 充さん ※サイン入りチェキ、秘蔵フォトギャラリーあり

あのよく響くいい声で質問に答える松岡さん。劇中歌も楽しみだ。

 

ロックバンドのSOPHIA、MICHAELのヴォーカルとして活躍し、俳優としても多彩に活動する松岡 充さんが、音楽劇『三文オペラ』で主役を演じます。ベルトルト・ブレヒトの戯曲、クルト・ヴァイルの音楽による刺激的な名作です。演出・上演台本を手がけるのは、SOPHIAに多大な影響を受けたという気鋭の若手、谷 賢一さん。どんな『三文オペラ』になるのか、期待は高まります!

――ギャングのボスで女好きの悪党でありながら、女性にモテる色男の主人公マクヒィス(通称マック)を演じる松岡さん。ご自身の役について、どう感じていますか?

「『三文オペラ』のもとになった『ベガーズ・オペラ』の“ルパン三世”的な主人公から愛嬌を取って、もっと冷酷にした男という印象です。結婚相手のポリーや愛人のルーシーのことを愛してはいないのに、2人からは愛される。今までマックを演じた俳優さんには大人の男の渋みがあって、普段は笑顔を見せないけど、笑うと子供みたいで憎めないようなイメージがあったと思うんですが、僕は全然タイプが違う。違うマックをやらないとダメだなと思っています」

家庭画報 最新号

2018年5月号 3月31日(土)発売!

理想の「豪邸」拝見、シャンシャンに会いたい!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading