インタビュー・レポート

なぜ今川義元は負けたのか? しりあがり寿さんが書き下ろす戦国エンターテインメント

2013年には『赤城乳業BLACKシリーズ』で、第50回ギャラクシー賞CM部門 優秀賞、第53回ACC賞テレビCM部門ACCシルバーを受賞している。

 

――仕事をされる際に心がけているのは、どんなことですか?

「僕が言うのもなんだけど、誠実でありたいとは思っています。誠実って何だかわからないし、お客さんを子供にたとえちゃいけないんだけど、子供には甘いものをあげすぎず、できるだけ体にいいものを食べてもらわなきゃと思っていて。だから、糖分が少ない珍味みたいな作品になっちゃうんだよなぁ(苦笑)。自分が若い頃には“面白ければ大丈夫”という言葉があって、本当に面白ければそれでよかった。でも、面白いにも色々あって、たとえば僕は暇があると、ついソーシャルゲームをやってしまうんだけど、気がつくとすっかりハマって恐ろしく時間が経っている。それは面白いけど、絶対に役には立たない。“面白い”には、そういうものもあることを、知っておかないとね」

――今後の活動について、どんな展望をお持ちですか?

「せっかくだったら、本当は1年くらい休みたいんですけどね。なかなかそうもいかない。独楽が止まって倒れたら自力では起き上がれないように、1年も休んじゃうと、一生復帰できなさそうだし(笑)」

――もしも休めたとしたら、何をしたいですか?

「ゲームかな(笑)。で、酒を飲んで、旅行をする。アウトプットばかりしていると、インプットしたくなるんです。でもその前に、いくつか放ったらかしのままになっている作品があるので、なんとかしたいですね」


1月20日には、新宿LOFTで『しりあがり寿PRESENTS 新春!(有)さるハゲロックフェスティバル’18』を開催する。今年で10周年を迎える、しりあがりさんの事務所の公開新年会だ。

※サイン入りイラスト、チェキのプレゼント応募は、申し込みを締め切りました。

しりあがり寿/Shiriagarikotobuki

漫画家

1958年、静岡市生まれ。1981年に多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業。会社勤めの傍ら、1985年に単行本『エレキな春』で漫画家デビュー。1994年に独立。2000年に『時事おやじ2000』『ゆるゆるオヤジ』により第46回文藝春秋漫画賞、2001年に『弥次喜多 in DEEP』で第5回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、2011年に『あの日からのマンガ』で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。2014年に紫綬褒章受章。

流山児★事務所公演『オケハザマ』
1月24日~2月4日/下北沢ザ・スズナリ 一般4000円、学生・25歳以下3200円、はじめて割3000円、高校生以下1000円。お問い合わせ/流山児★事務所 電話03-5272-1785
作/しりあがり寿 演出/流山児 祥 脚本協力/竹内 佑(デス電所) 演出協力・出演/林 周一(風煉ダンス) 出演/塩野谷正幸、伊藤弘子、上田和弘、山像かおり ほか。
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading