インタビュー・レポート

5年ぶりに舞台に出演する広末涼子さん。変わらぬナチュラルな透明感に瞠目!

――そのきっかけは何だったのでしょう?

「被災地訪問です。ミュージシャンやシンガーの方達と違って、台本や監督やカメラがなければ何もできない自分に無力さを感じましたが、実際に被災地の方々にお会いしたら、皆さん、とても喜んでくださって。ああ、私はそういうお仕事をさせていただいているんだなと感じました。私が出演している作品を観てくださった方が、何かを感じてくださったり、この人に会ったんだよと喜んでくださったり。だから、お芝居をすることが自分の手段なんだと思うようになりました」


今年は日本テレビ『奥様は、取り扱い注意』で久々に連続ドラマに出演。主婦・大原優里を好演した。

――今後の展望を教えてください。

「たぶん50代、60代になっても、考え方は変わっていないと思います(笑)。演じることが好きだから、満足することもないと思うし、ゴールがないからこそ、ずっと頑張っていける気がします。若い頃は、“あの人、おばさんになったね”と言われるのが嫌で、おばさんになったら女優をやめようと思っていたんです。でも、いつの間にか、自分が当時、おばさんだと思っていた年齢を悠に超えていました(笑)。当たり前ですけど、おばさんはおばさんなりにいいところがあるんですよ(笑)。そう思っていたら、犬童一心監督が“広末さんは年相応の役がずーっとできる女優さんだから、おばあちゃんになっても、きっとおばあちゃんを演じられますよ。またお仕事しましょう”と言ってくださって。今は、年を重ねることで可能性も広がるんだなと思っています」

※サイン入りチェキのプレゼント応募は、申し込みを締め切りました。

広末涼子/Ryoko Hirosue

俳優

1980年、高知県出身。1994年にCMデビューし、翌年ドラマ初出演。1997年に『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。同作で映画賞の新人賞を総なめにし、以降、映画・ドラマ・舞台・CMなど第一線で活躍。出演映画『終わった人』が2018年6月9日より全国公開予定。

こまつ座&世田谷パブリックシアター『シャンハイムーン』
2月18日~3月11日/世田谷パブリックシアター S席8600円、A席6500円 お問い合わせ/世田谷パブリックシアターチケットセンター 電話03-5432-1515
作/井上ひさし 演出/栗山民也 出演/野村萬斎、広末涼子、鷲尾真知子、土屋佑壱、山崎 一、辻 萬長(正しくは一点しんにょうです) 3月に兵庫、新潟、滋賀、豊橋(愛知)、金沢でも上演。
https://setagaya-pt.jp/performances/201802shanghaimoon.html

 

取材・構成・文/岡﨑 香 撮影/大靏 円 ヘア&メイク/山下景子 スタイリング/道端亜未

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading