フィギュアスケート

髙橋大輔さんが氷上で魅せる! 年末の風物詩『クリスマス オン アイス 2017』リポ

「フィギュスケート愛(eye)」 ※秘蔵フォトギャラリーあり

『クリスマス オン アイス 2017』の座長、髙橋大輔さん。10月に初披露したプログラム「Krone」の舞で観客を忘我の境地へと誘い、第2部では「Alabaster Box」でしっとりとした演技を見せてくれました。

上質な演技と惜しみない拍手。
すべてのスケーターと観客が紡ぎだす、濃密で幸せな時間

これを観て、ようやく「あ?、今年も1年が終わるんだなぁ」という気持ちに浸られる方も多いのではないでしょうか。冬の風物詩『クリスマス オン アイス』(XOI)! 今年は初日の昼公演と楽公演に伺いました。

ここ数年ご登場され、歌はもちろんトークでも妙になじんでいた(笑)クリス・ハートさん、そして荒川静香さんがいない今回はどういった趣向で展開するのか興味深かったのですが、そこはさすがの髙橋大輔さん。座長として頑張っていました!

12月15日(金)~17日(日)の6公演、大盛況だった『XOI 2017』。いくらでも語れてしまうので(笑)、特に印象深かったことに絞って書いていきます。

クリスタル・ケイさんと村上佳佑さんのパワフルで温かな歌声が会場を包み込みます。クリスタルさんから「幼い頃の夢は実はフィギュアスケーター」と突然の告白! 楽公演ではクリス・ハートさんも登場し、大いに盛り上がりました。

今回のオープニングはグローリー・ゴスペル・シンガーズが「Hark! The Herald Angels Sing」を歌うなか、スケーターたちがホームパーティを行うシナリオ。

髙橋さんを中心にみんなでパーティ準備をする設定なのですが、これが楽しいクリスマス感満載で、もともと高かった会場のボルテージもさらに上がりました。

今公演の演出の核は、このオープニングと第二部の髙橋大輔さん、織田信成さん、イリヤ・クーリックさんたち男性グループによるお芝居だと思いますが、なんと! 楽公演では、第2部の男性グループが「ジングルベル」に合わせてお芝居を披露するなかで、そりに座ってリンクの上を滑る役として浅田真央さんがサプライズ登場。歓声で会場が揺れるほど盛り上がりました。

今回スケーターとして出演している浅田 舞さんの新プログラム「All I Want for Christmas」は真央さんが振り付けしたもの。舞さんの愛らしさが輝くハッピーなプログラムでした。

浅田真央さんが振り付けしたプログラムを軽快に楽しそうに滑る浅田 舞さん。いろいろな経験を積んでエンターテイナー度が、確実にアップしていますね!

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading