きもので海外

あわや「シェンゲン協定」違反!? ウィーンで息子と2人暮らし

青嫁日記~きもので巡る世界の旅 Vol.18

ブルーマンの妻北川聖子の青嫁日記

新緑の美しい季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 私は、つい数週間前に、旅の終着地トルコを後に、息子を連れ一足先に日本へと帰国しました。というのも、私の息子が今年の4月に小学校入学を控えていたため、それに合わせる形で、泣く泣くブルーマン達に別れを告げる決意をしたのです。

ですので、このコラムも最終話に向け、ついにカウントダウンが始まってしまいましたが、残り数回も引き続き楽しんでご覧いただけるとありがたく思います。

夫のアダムは、もちろん「ブルーマングループ」のキャプテンとしての責を途中で投げ出すわけにはいきませんので、しばらくは夫婦円満別居生活です。現在はプラハ、モナコ公演を行っているようですが、ここまで旅を共にしてきた家族と離れて暮らすのは相当辛いよう。

え?私ですか?……寂しくないといったらウソになりますが、母は強し! ほぼ初めての日本での子育てに、日本人なのに逆カルチャーショックを受けつつも、全てのことが私の目には新鮮に映り、日々楽しくて仕方ない!というのが本音です。先日も参観日があり、今日もこれから家庭訪問。ここに来て、初めて日本のお母さんらしい行事に参加できるのが嬉しくて仕方ありません。

というわけで現在は息子と、2人暮らしなのですが、実はワールドツアー中にも見知らぬ土地で2人暮らしを強いられた時期がありました。

それは、私たちブルーマングループがスイスを皮切りにヨーロッパ圏へ入り2か月が経とうとした頃、「日本のパスポートのみで入れない国なんてサウジアラビアくらいじゃない?」と油断していた私が知ってしまった事実。

家庭画報 最新号

家庭画報 九州特集

2018年6月号 4月28日(土)発売!

緑眩しい九州へ 猫のいる愛しき人生!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading