きもので海外

ブルーマンの妻が語る「ブルーマングループ」の舞台裏

青嫁日記~きもので巡る世界の旅 Vol.15【特別編】

ブルーマンの妻が語るブルーマンの舞台裏

皆さま、こんにちは。青嫁こと、“ブルーマン妻’’の 北川聖子です。いつも、私の拙い連載を読んでくださって本当にありがとうございます。 今日はいつもと趣向を変えて、そもそもブルーマンとは一体どんなショーをしているのか、そして世界を旅する私たちの暮らしがどんなものなのかを、皆さまにお話ししたいと思います。

まず、われらがブルーマングループは、1991年にニューヨークのオフブロードウェイで結成され、現在ではラスベガス、ボストン、シカゴ、オーランド、ベルリンにも常設公演を行う劇場を持つ、世界的エンターテインメントグループです。これらの劇場以外にも私たちのようにワールドツアーを行うチームやアメリカ国内でツアーを行うチームが存在します。

ステージでショーを行うブルーマンは常に3人ですが、各劇場に5、6人のブルーマンが配属されており、国内外のツアーを行うブルーマンとあわせると、現在、約40人のブルーマンが世界中で活躍しているのです。

ブルーマンの妻が語るブルーマンの舞台裏右、真ん中、左それぞれのポジションで役割があり、各自がその3つのポジションすべてこなせるので、日によってポジションは変わります。 photo by Terry at Push+PullPedals

よく「ブルーマンってミュージカルなの?それともコメディー?」「ブルーマンってダンサー?それともミュージシャン?」などなど、いろんな質問を受けるのですが、どのカテゴリーに属するパフォーマンスなのか、実は私が知りたいくらいです(笑)。

ブルーマンの妻が語るブルーマンの舞台裏photo by Terry at Push+Pull Pedals

夫に出会って以来、彼らのショーを観続けている私ですら、それを一言で説明するのは難しく、毎回返事に困ってしまいます。強いていうならば「高い音楽性を兼ね備えた、コメディー要素の強い、唯一無二な劇場型パフォーマンス」でしょうか。

今回のワールドツアーは、昨年8月のイスラエルに始まり、今年の5月までに世界11カ国、16都市を回ります。まだ決定していませんが、その後も、ワールドツアーは定期的に開催されるようなので、またいつのか日本での公演を実現させるのが私たち家族の夢です!

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading