日日是笑日

憧れの着姿は「渋格好いい」スタイル。大好きな縞きもののコーディネート 柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」

日日是“笑”日(にちにちこれしょうじつ) 女優の柴田理恵さんが綴るきもの日記。きもののリメイク術から、愛犬との心温まる暮らし、得意の料理など、笑顔あふれる日常をお送りします。前回の記事はこちら>>

卯月~縞きものLOVE!

柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」
東京では桜を見送り、街中が新緑に包まれる頃。柔らかい草や葉っぱなどを「和草(にこぐさ)」と呼ぶそうで、「ニコニコ」「ニッコリ」などの擬態語もここからきているそうです。4月に入りきもので楽しくお出かけができるようになっただけでも、まさに「ニッコリ」。私の場合は「ニカッ」と嬉しさがあふれます。

きっぱりとした縞が性に合っています

爽やかな季節に、まず袖を通したくなるのが縞模様のきもの。改めてきものアルバムを確認したら、ざっと15枚を数えるほど縞のきものが大好き。

というのも、私が目指す憧れの着姿は「渋格好いい」スタイル。「はんなり」とした雰囲気はどうも性に合わず、凛とした縞の潔さが気性にもしっくりくるようです。

柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」

写真は、きものスタイリスト・石田節子さんのお店で瞬時に「これは、好き!」と一目惚れした泥大島。縞の幅がだんだん太くなるように織られていて、着るだけでメリハリが生まれ、嬉しい着やせ効果もあるみたい。板締め絞りの染め帯を合わせて、この時期らしい爽やかな抜け感を演出しました。

柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」八掛にはすみれ色を。表地の焦茶色との配色が絶妙でしょ!

柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」細縞の倉渕紬に更紗模様の染め帯を合わせたコーディネートは、『徹子の部屋』にゲスト出演した際の装い。お気に入りの組み合わせです。帯のたれの部分には、私好みのターコイズブルーの凝った染めに。気軽なお出かけなら、山吹色の水玉のショルダーポーチでポップな味つけに。

母の箪笥から掘り出してきた結城紬。寸法を仕立て直した際に、八掛を私のトレードカラーに替えました。型染めの帯や籠バッグを合わせた民芸テイストのシックな装いに、黄色の帯揚げを効かせて私らしい表情で着こなします。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading