編集部より

【春のお祝いコーデ04】場を踏まえつつ、ワンランク上の綺麗さを

「春のお祝い」コーディネート 太鼓判
卒業式、入学式、祝賀会、結婚式……いまどきの素敵な装いとは――
春、美しい祝いの季節がやってきました。子供の卒入を機に、ずっと憬れていたきものを着たい。祝い事を迎える自分へのご褒美に、祝いの席へのおよばれに、自慢できるひと揃えが欲しい。そんな方へ。『きものSalon』本誌が頼りにする4軒の専門店に、洗練のコーディネートを伺いました。

第4回「織と染 しらやま」

東海道沿いの小さな店舗にもかかわらず、各界の第一線で活躍するキャリアを持つ女性たちの絶大なる信頼を得ている専門店、織と染 しらやまさん。キャリア女性たちにとって大事なのは「場の中で自分がどうあるべきか、というよりもどうありたいか」。それを的確につかんで納得のいく提案をするレベルの高いお店です。フォーマルシーンでは季節、場所、時節に合わせた素材感の選択。そして装いの趣旨と格のバランスの取り方を大事に考えているそうです。

春のおすすめコーデは、都会的な付け下げと豪華な染め帯という提案と、本ほ んびった疋田の振袖です。

〔今様お祝いコーデはここがポイント〕
季節、場の格に合わせた素材感の選択が大事です

織と染 しらやま 店主 白山登美子さん

「フォーマルシーンであっても、春は秋に比べて軽やかで爽やかな印象が素敵に映えます。そこでポイントになるのは何と言っても素材感。例えば付け下げに織り帯を合わせるのではなく、織り帯と同格の豪華で上品な染め名古屋帯を合わせてみることで、今様の春らしいフォーマルになります。場面によっては袋帯にこだわる必要もないですし、地厚な帯は季候によってはもっさり感じることもあるので帯の素材感は重要ですね」

Information

織と染 しらやま

神奈川県横浜市戸塚区 戸塚町4186

アクセス JR戸塚駅から徒歩8分、旧国 道1号線沿い日立入口バス停前
TEL 045-861-1865
営業時間 9時~20時 
定休日 日曜

撮影/西山 航、伏見早織(本誌) 着付け/高橋惠子 構成・文/古谷尚子(本誌)
『きものSalon 2019春夏号』掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年4月30日(火)発売

世界の「豪邸」拝見 『家庭画報』2019年6月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading