イチから始めるきもの道

女優のような「美人きもの」コーディネートを叶えるコツ

新人きものライターE子&A子の「イチから始めるきもの道」 きものSalon編集部で働く新人きものライターの2人(E子とA子)が、「きもの道」を究めるべく大奮闘! 今さら聞けないきものの基本、皆さんもご一緒にこっそり楽しく学びませんか。記事一覧はこちら>>

第34回
「神号」と噂される最新号の制作裏話&メッセージ
04 エディター 相澤慶子さん編

皆さま、創刊40周年記念の『家庭画報特選 きものSalon 2020-21秋冬号』は、もうご覧いただけていますでしょうか。『きものSalon』本誌の発行は年に2回。次回発売まで、まだまだ楽しんでいただくために、各特集の担当編集の先輩に制作時のお話や、きものへの想いなどを伺いました。

表紙のような着こなしでどこへ?

最後は、きものSalonの表紙や、ファッションページを担当するエディター相澤慶子(あいざわけいこ)さん。記念すべき40周年記念号の表紙も担当されました。わたくしE子が表紙のような美しいコーディネートを組むにはどうしたらよいのでしょうか。早速伺いたいと思います。


相澤慶子さん(以下、相澤)「それではE子さん、表紙のような着こなしをして、どこへ出かけるの?」

そう問い返されてしまいますと、即答ができません……。

相澤「表紙は、綺麗で、憧れてもらえるきもの姿を見せたいと思って選んでいるんですよ。E子さんに必要な着こなしかといったら、今はまだ少し違うかもしれないわね。

だからと言って、私には関係ないと諦めず、それを着こなす努力は大切だと思います。そして主役のきものを着たときは、胸を張って堂々としてくださいね。たった一度の人生、「あの人、素敵ね」と思われる女性を目指しましょう。

美人きものの道へのアドバイス

相澤「「いま着たい 美人きもののすすめ」という特集ページで、普段の装いに取り入れやすいコーディネートをご紹介していますから、ぜひ参考にしてみてください」

私も紬や小紋での装いにも華やかさを出したいのですが、色の組み合わせに戸惑ってしまい、つい渋い色を選びがち。若々しさが足りないと先輩方からご指摘を受けます。

相澤「普段着ている洋服でも、ビビッドカラーを挿し色に使ってみるなど、色を意識してみると練習になるのではないでしょうか」

おしゃれな着こなしは足元から

相澤「最近は、ほっそりとスレンダーに見せたい女性が多いかと思います。きものを着たら、鏡をたくさん見てください。色々な角度から見ることをお勧めします。それからもうひとつ、草履選びにこだわりを。

紬などの街着には台の低い草履をと言われていますし、背の高い方は粋に見えます。お好みかとは思いますが、背が低い女性が、もう少しスタイルよく見せたいと悩んでいるなら、少し高めの草履をおすすめします。高ければいいというのではありませんから、購入の際はお店の方と相談しながら、バランスをみて選んでくださいね。

また、履き方にも注意が必要です。履きこみすぎず前つぼに指を全て入れないようにして、足の指を必要以上に前から出さないこと。そして、かかとは収まり切っていると、草履が大きく見えてバランスが悪く、美しく見えません。少し出ている感じがよいと思います」

ここぞというときはプロに委ねても

相澤「それから、大切な場面では無理をせず、着付けやヘアをプロに任せるという選択肢もあってよいと思います。人生の節目では、写真をたくさん撮ります。思い出としてずっと残るものですからね。

いきなり着付けを頼んで、相性が合わないということを避けるために、事前にお気に入りのお店を見つけておくとよいと思いますよ」

相澤さんにはきものを美しく着るための覚悟やこだわるポイントを教えていただきました。E子も、日ごろのちょっとしたこだわりで養えることがありそうです!

皆さま、もう一度誌面をめくりたくなってきたのではないでしょうか。数少ないきもののファッション誌。その中でも、美しいヴィジュアルと丁寧に解説された歴史まで、一挙に見られるのは『きものSalon』ならでは。写真集のようであり、図録や教科書のようであり、モード誌のような『きものSalon』。

次号が発売されるまで、まだまだご堪能いただけるかと思います。
とはいえ、編集部は次号に向けてすでに動き始めております。発売は2021年3月1日予定です。ぜひお楽しみにお待ちください!

新人きものライターE子&A子の
「イチから始めるきもの道」

第1回 そうだ!きものを着よう!
第2回 見えない部分がわかりません……着付けに必要なもの
第3回 「衽」「衣紋」に「裄」…きもの各部位の呼び方
第4回 先輩!きもの初心者におすすめの一枚、教えてください!
第5回 きものSalon編集部で “制服”と呼ばれるきものとは?
第6回 高い(!?)敷居をまたいでみました!はじめての呉服店
第7回 呉服屋さんへ行く前に!知っておくと安心な“きものワード”
第8回 呉服屋さんに伺いました「タンスのきもの、寝た子を起こそう」
第9回 博多織・献上柄を訪ねて福岡へ〔1日目〕
第10回 博多織・献上柄を訪ねて福岡へ〔2日目〕
第11回 博多織・献上柄を訪ねて福岡へ〔最終日〕
第12回 お江戸の文化を堪能できる「東をどり」へ
第13回 一色采子さんに学ぶ 「母譲りのきもの」センスアップ術!
第14回 目指すは“大人のこなれ感” 念願の浴衣早見表作りました!
第15回 大人の浴衣に相応しい帯、教えてください
第16回 実は一番時間がかかる!? 大人浴衣のヘア&メイク問題
第17回 きもの上級者10問10答(古谷尚子編集長編)
第18回 タンスに眠っていた短い帯に救世主あらわる!?
第19回 秋到来! きもの好き必見の展覧会へ行ってきました
第20回 きもの上級者10問10答(ベテランきもの編集ライター両角明美さん編)
第21回 「道明」の帯締めで教わりました。ワンランク上のきものコーディネートが叶う帯締めの選び方
第22回 笹島寿美先生直伝! 美しいきもの姿の決め手“裾美人”でいられる秘訣
第23回 花の匂いさえも描く、加賀友禅の魅力を訪ねて金沢へ
第24回 教えて!みんなの“きもの冬支度”
第25回 おしゃれ心がくすぐられる、大人の色無地、見つけました!
第26回 日本橋三越本店に「きものSalon」ポップアップショップがオープンします!
第27回 その数なんと16万粒!手仕事で生まれる美しい「絞り」
第28回 達人のアイデアがあれば、きものはもっと楽しくなる!
第29回 達人の皆さん、きものの日のお出かけ必需品を教えてください!
第30回 粋な浴衣姿を今年こそ! 2020年夏から始める“おうち浴衣”
第31回 お久しぶりの友人とおしゃれも楽しみたい! 浴衣のお出かけにおすすめの“NO密”スポット
第32回 事前予約で鑑賞! 待望の特別展「きもの KIMONO」へ行ってきました
第33回 付下げや訪問着が胴裏・八掛・お仕立て込みでそのお値段!?
第34回 インターネットで楽しむ、私だけの帯締め作り
第35回 パーソナルコーデできものの装いをアップデート

大好評発売中!
『きものSalon 2020-21秋冬号』

・Amazon.co.jpでのご購入はこちら>>

・詳しい内容はこちら>>

構成・文/笹本絵里

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading