きもののイベント

【参加者募集】唐長デザインに親しむ京都の午後

9/20(木)締切

京都西陣の「となみ織物」5代目の礪波(となみ)真一郎さんが出会った一枚の柄、それが唐長(からちょう)の「南蛮七宝文様」でした。唐長の12代目千田(せんだ)誠次さんの協力を得て、「南蛮七宝文様」は帯やきもの、長襦袢、帯揚げ、バッグ、草履に。
発売中の『きものSalon 2018-19秋冬号』では、〔となみ織物×唐長 本物を追求するモノ作りへのこだわり 「南蛮七宝文様」をまとう愉しさ〕と題し、礪波さん、千田さんに、唐紙好きのプロデューサー、山瀬太郎さんを交えて、唐紙の魅力、モノ作りの楽しさについて語っていただいています。

この「唐長デザイン」を楽しむトークショー&ワークショップを開催します。ぜひご参加ください!

となみ織物 2018年モデルの南蛮七宝文様と光悦蝶の袋帯は、ブラジル産の高級絹糸(ブラタク糸)を使用。帯揚げは板場型で染めたもの。南蛮七宝に似ているという小桜組の帯締め。帯47万円 帯揚げ3万6000円 帯締め4万1000円/すべてとなみ織物

となみ織物  南蛮七宝文様南蛮七宝文様を割り込み式(T字と十字の重なった立体感のある絣)で表現した奄美の大島紬。きもの地/となみ織物

唐長デザインに親しむ京都の午後

〔イベント概要〕 
募集人数 :10名

日時:2018年10月20日(土)

12時30分 京都駅集合の後、唐長工房へ タクシー移動
13時15分~唐長12代目誠次さん×となみ織物5代目真一郎さん×プロデューサーの山瀬さんによるトークショー
13時30分~2組に分かれワークショップ
1)唐長の版木を使ったポストカード作りとなみ織物  南蛮七宝文様
写真はイメージです。

2)南蛮七宝の懐紙入れ作りとなみ織物 南蛮七宝文様

写真はイメージです。

15時15分 ワークショップ終了
15時30分 タクシー移動
16時   祇園 北川半兵衞にて軽食(茶詠み~お茶5種飲み比べ)※内容は変更になる可能性がございます。
17時30分 終了

参加費:1万円

会場:唐長SEIJI(京都市左京区岩倉) 祇園 北川半兵衞(京都市東山区祇園町南側570-188)

〔お申込み方法〕
住所、氏名、電話番号、人数を明記のうえ以下のいずれかの方法でお申し込みください。

●メールの場合
e-mail : info@karacho.co.jp
件名に「唐長400周年きものサロンイベント」と明記のこと。

●はがきの場合
〒604-0072
京都府京都市中京区橋本町494番地1
「唐長400周年きものサロンイベント」山瀬 宛

●FAXの場合
FAX:075-256-3717

応募締切:2018年9月20日(木)
※郵便はがきの場合は消印有効

●お問い合わせ
唐長400年実行委員会
担当/山瀬
TEL:070-5655-1348

『きものSalon 2018-19秋冬号』

〔主な内容〕
後藤久美子さんと、娘エレナ・アレジ・後藤さんが着る「母娘のきもの」
私だけのご褒美きもの 浅田真央さんにご褒美を!編集部がお誂え
林 真理子さん 鹿児島きもの旅
お茶のきものおさらいレッスン
知花くららさんのオリジナル花嫁支度
IKKO 軽井沢きものライフ
ド・ローラ・節子さんのきもの暦
ほか
主な内容はこちら>>

2018年8月20日(月)発売

Amazon.co.jpはこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading