母のタンス、娘のセンス

女優・一色采子の「母のタンス、娘のセンス」〜霜月

〔今月の引き出し〕
「プリミティブ帯」で母の地味な紬をスタイリッシュに

一色采子のきもの連載

今年は夏がとりわけ暑かったせいか、庭の柿の実が近年稀に見る大豊作でした。幼い頃、この柿の木の下でよく遊びました。今の家に越して来るとき、桜や枝垂れ梅の木と一緒にこの柿の木も移ってきました。40余年経った今年も、たわわに実った柿を見ると無事に穏やかな秋を迎えられた喜びに包まれます。

一色采子のきもの連載

 

母が愛した結城紬に宿る面影

母の簞笥を開けると時間が止まったように母が愛した結城紬がひっそりと眠っています。一枚一枚を大切にたとう紙に納め、表には母の直筆できものの特徴が書かれています。

一色采子のきもの連載

きものの色やカテゴリーだけでなく、中にはどなたからの形見分けかということも記されています。

一色采子のきもの連載

私はたとう紙を替える際に、その文字の部分をどうしても捨てられなく、そこだけ切り取って新しいものに貼り付けています。母の文字が宿るたとう紙を開き思い出を辿りながら、このきものにはどんな帯を合わせようかと考えている時間は、まさに秋の夜長にぴったりです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading