母のタンス、娘のセンス

女優・一色采子の「母のタンス、娘のセンス」〜長月

〔今月の引き出し〕
秋単衣は引き締め色を加えて季節の深まりを表現

一色采子 きもの連載

寄せては返す波のように、猛暑の名残と秋の気配が繰り返されるこの季節。きもの暦では、単衣の季節を迎えました。洋服ではまだノースリーブ姿でも違和感がありませんが、「季節を先取ることがきもののお洒落」と母から教えられてきたので、多少の暑さはやせ我慢(笑)。9月1日から歳時記のお手本のように単衣に衣替えをします。そこで、今月はまだ暑さの残るこの時季に、いかにスッキリと、それでいて秋の趣を感じさせるかをお目にかけます。

モノトーンで装うモードな秋の入り

一色采子 きもの連載

母の箪笥に眠っていたグレイッシュな単衣の紬。刷毛目模様のような、大胆な横段でどこかアーティスティックな雰囲気が心に留まりました。母は反対色である臙脂(えんじ)系や上品な染め帯を合わせていたように記憶していますが、私は母の箪笥からモダンな織り帯を見つけ、小物も全てモノトーンで統一したアバンギャルドなコーディネートを目指しました。

一色采子 きもの連載

帯留めは、確かジョージ・ジャンセンの葡萄のブローチがあったので、それを使おうと思っていましたが、断捨離してしまったのか見つからず、どうしても葡萄にこだわりたくて、アマゾンで検索。パール調の粒の中にラインストーンを効かせた葡萄を見つけて思わずポチッ! チープなものですが、こうした遊び心こそ大人のお洒落の腕の見せ所。

GUCCIのバンブーバッグもグレーの草履も母から譲られたもの。帯留め以外は全て母のものですが、シックなワントーンにまとめたことで今の気分にぴったりの格好いい女性像に。これぞ、まさに娘のセンスの本領発揮です!

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading