きものダイアリー

気兼ねなく装える紬の“おうちきもの”で、1週間コーディネート

丁寧な暮らしが見直されているいま、気兼ねなく装えてonにもoffに着まわせる“おうちきもの”があれば、憧れのきもの暮らしが叶えられます。きものSalon編集部のお勧めは上質な糸の表情や軽やかな着心地を味わえる2枚の紬。帯の変化で、カジュアルエレガントな着こなしを楽しんでください。

着まわしたのはこの2枚!

格子柄の結城紬茶の濃淡に加え、ピンク味を帯びた糸の表情によって、こっくりとした甘さが漂います。きもの/はんなり 浅草店


花唐草の秦荘紬緯総絣による墨と青ぼかしの花唐草文様が、引き算された上品さを演出。生成り地なら肌映え効果も。きもの/豊中・織元

この特集の掲載号
『きものSalon 2020-21秋冬号』

・Amazon.co.jpでのご購入はこちら>>

・詳しい内容はこちら>>

『きものSalon』2020-21秋冬号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading