きものダイアリー

きものの文様【朝顔(あさがお)】ひとときの美を愛でる、日本ならではの美意識が光る花

きものの文様 きものに施された美しい「文様」。そこからは、季節の移ろいを敏感に取り入れてきた日本人の感性や、古来の社会のしきたりを読み解くことができます。夏の文様を中心に、通年楽しめるものや格の高い文様まで、きもの好きなら一度は見たことのある文様のいわれやコーディネート例を、短期集中連載で毎日お届けします。記事一覧はこちら

今日の文様22
朝顔(あさがお)

ヒルガオ科の一年草。平安時代に中国から伝えられた朝顔は、もともとは薬用としてその種を下痢に用いたとされています。江戸時代になると、観賞用として盛んに作られるようになり、櫛(くし)や手ぬぐい、団扇(うちわ)、きものなどの文様としても登場します。


絽(ろ)の生地に染め疋田(ひった)で朝顔の花を表し、葉と蔓を手書きした帯。朝顔の開花期は7月~10月ですが、きものでは7、8月の花として用いられます。※染め疋田とは、絞りの模様を染めで表現する技法。

朝咲いてすぐにしぼんでしまう朝顔は、一朝一期の花だから美しいととるか、はかなさや無常を感じて忌避するかの違いですが、人によってとらえ方が異なります。

朝顔の文様は、何といってもラッパ状の花が開花したところと、単純な葉の形、細く長い蔓(つる)が印象的です。季節感がはっきりしているので、主に浴衣の柄に使われますが、夏のきものや帯にも見られます。ほかのモチーフと組み合わせるより、単独で文様化されることが多いようです。


買い物に
朝顔の花と葉を印象的に描いた染め名古屋帯。うっとうしい梅雨時に締めたいさわやかな意匠です。

【向く季節】

「#きものの文様」記事一覧はこちら

きものの文様

今回ご紹介した文様を含め、300以上もの文様を掲載。文様の歴史や意味が豊富な写真によってよくわかり、体系的に勉強することができます。きものを着る場合判断に迷う格と季節が表示され、こんな場所にお出かけできます、とのコーディネート例も紹介しています。見ているだけで楽しく役に立つ1冊。

格と季節がひと目でわかる――きものの文様

監修者/藤井健三

※Amazonほか各ネット書店でのご購入はこちら。また、全国どちらの書店からも送料無料で店頭お取り寄せが可能です(一部お取り寄せが出来ない店舗もございます)。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading