きものダイアリー

黒田啓蔵さんに習う、きものメイクの極意 実践編01「肌」

きものメイクの極意 第2回(全5回) 映像や雑誌のきもの撮影で、女優たちから圧倒的な支持を得るヘア&メイクアップ アーティスト、黒田啓蔵さんがこの秋冬のトレンドでもある“赤”をキーカラーにした華やかで若々しい印象の最新きものメイクを指南。これまでの常識を覆す、“上品綺麗”の極意を教わります。前回の記事はこちら>>

【肌】きものの華やかさに負けないピンクトーンの肌づくりきものの華やかさに負けないピンクトーンの肌づくり

きもの/永治屋清左衛門(永井織物)

きものメイクを左右するのは肌がもたらすピュアな印象。それを叶えるのがピンク系の下地です。

「素肌がオークル系でも下地はピンクを。ファンデーションはいつもの自分の色で大丈夫です」と黒田さん。

ベースに仕込んだピンクが時間とともににじみ出て、透明感のある肌を保ちます。

もう1つ心得るべきポイントが質感。

「全面マットではなく、顔の中心はつやを残します」。

薄づきのつや系リキッドかクリームタイプのファンデーションを塗り、つやを抑えたいフェイスラインはパウダーをのせて、質感を調整します。

肌のオーラを引き出す下地&ファンデーション

ファンデーション

01.肌悩みをぼかして透明感を高め、きめ細かな肌を演出〔※使用アイテム〕

ふわっと軽い超微粒子パウダー。溶け込むようになじんでテカリを抑える。SHISEIDO シンクロスキン インビジブル シルク ルースパウダー ラディアント 4000円/資生堂インターナショナル

02.黄色くくすんだ肌もナチュラルにトーンアップ〔※使用アイテム〕

ベストセラーUVから日本女性のために開発された理想のピンクカラーが登場。くすみを一掃し、柔らかな血色感をもたらす。UV エクスペールトーン アップ ローズ SPF50+/PA++++ 30ml 5800円/ランコム

03.透けるように発色するピオニーピンクの下地で自然なつやとハリ感を

ほんのりとしたピンクで明るくトーンアップ。潤いの膜が肌を包んでピンとしたハリを保ち、皮脂浮きを防ぐのにみずみずしい。トリートメント セラム プライマー SPF15/PA+ 30g 6000円/スック

04.肌との密着を高め美肌を叶えるファンデーションブラシ〔※使用アイテム〕

熊野筆の技術を用いた筆職人による手作りで、ファンデーションのタイプを選ばず使える。柄側にジェルブレンダー付き。SHISEIDO DAIYA FUDE フェイスデュオ 4800円/資生堂インターナショナル

05.美肌が長時間続く頼もしいカバー力と自然な仕上がりを両立〔※使用アイテム〕

メイク直しを気にしなくていい持続力がきものメイクに最適。SHISEIDOシンクロスキン セルフリフレッシングファンデーション SPF35/PA++++30ml 全12色 6000円/資生堂インターナショナル

06.バラの花びら色の超微粒子パールが肌を明るく輝かせる

くすみやすい日本人の肌仕様の色揃え。稀少なミネラル成分が肌を健やかに。プレステージ ル フルイド タン ドゥ ローズ SPF25/PA+++30ml 全5色(ブラシ付き)1万3000円/パルファン・クリスチャン・ディオール

〔特集〕ヘア&メイクアップ アーティスト 黒田啓蔵さんに習う きものメイクの極意(全5回)

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/富田眞光〈vale.〉(人物)唐澤光也〈レッド ポイント〉(静物) ヘア&メイク/黒田啓蔵〈ThreePEACE〉 きものコーディネート/相澤慶子 高橋惠子 スタイリング/岡本真規子(小物)細田宏美(静物) モデル/松田珠希 取材・文/佐藤由喜美

『家庭画報』2019年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading