きものダイアリー

ハンカチが素敵なバッグに変身!エコで可愛い「はんかちSomeco(サムコ)」

〔きものSalon お針箱講座〕「はんかちSomeco」で ハンカチを素敵なバッグに

はんかちSomeco(サムコ)

可愛らしいモチーフからモダンな柄、可憐なレースなど、バリエーション豊かなハンカチ。たくさん持っているという方も少なくないのではないでしょうか。せっかくの素敵なハンカチ、もっと活用してみませんか? バッグハンドル「はんかちSomeco(サムコ)」を使えば、お気に入りのハンカチがあっという間に自分だけのオリジナルバッグへと変身します!

「Someco(サムコ)」って?

スカーフや風呂敷、手ぬぐいなど、身近なものをバッグに変えてくれる「Someco(サムコ)」は、おしゃれで楽しい、新しいエコバッグのカタチ。お気に入りの布を切らずに、縫わずに、結ぶだけの気軽さで、さまざまなバッグを作ることができます。

はんかちSomeco’(サムコ)
「Something eco」で始まったバッグハンドル「Someco(サムコ)」

「どんな布を使ってみようか」と考える楽しさ、使う喜び、思いがけない発見――。たくさんの可能性が詰まった、おしゃれなエコです。そんなSomeco(サムエコ)のなかで、小さめの布に特化したのが「はんかちSomeco(サムコ)」(1400円)。より気軽に、可愛らしいバッグを作ることができます。

今回教えてくれたのは
新井典子(あらい・のりこ)さん
はんかちSomeco’(サムコ) 新井典子さん

バッグハンドル「Someco(サムコ)」の考案・開発者。子供服や婦人服、ブライダルシューズを手がけるデザイナーとして活躍。現在はプランニングユニット「テル・アライ」のメンバーとして、「心がないと人の手は動かない」という信念のもと、衣食住にまつわる“手間暇を惜しまない丁寧な暮らし”をさまざまな角度から提案している。

「はんかちSomeco(サムコ)」の基本

〔各部の名称〕はんかちSomeco’(サムコ)
「はんかちSomeco(サムコ)」とハンカチがあれば、すぐにバッグが完成します。ここでは、基本となる各部の名称と結び方を覚えましょう。基本の作り方をマスターしたら、お好みでさまざまなアレンジを楽しんでください!

〈用意するものは2つだけ!〉
・「はんかちSomeco(サムコ)」
・ハンカチ(サイズは自由)


基本の結び方

1)
ハンカチの角と角を合わせたら、「はんかちSomeco(サムコ)」の片方の2つのリングに通します。はんかちSomeco’(サムコ)

2)
指で2つのリングの間隔を開きます。はんかちSomeco’(サムコ)

3)
リングに通したハンカチの端を折り返し、下にきているほうのリングのみに先端を通します。はんかちSomeco’(サムコ)

4)
通した先端を引っぱって締めます。画像のようにしっかり結べているか、確認しましょう。はんかちSomeco’(サムコ)


それでは、実際に使ってみましょう!

基本の「トートタイプバッグ」

ころんとした形が可愛い「ドロップバッグ」

エレガントな「ドレスバッグ」

使いやすい「広口バッグ」

きものでの食事に便利!「前掛け」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading