茶箱あそび

お茶があれば“日常の中の非日常”を楽しめる!ふくいひろこさんが提案する「茶箱あそび」

日々の暮らしの中で茶の湯や日本文化を楽しむ方法を、出版、商品開発等を通して提案する「水円舎(すいえんしゃ)」を主宰しているふくいひろこさん。

京都在住のふくいさんが、ひと組の「茶箱」を通し、日常に抹茶を楽しむ具体例をお伝えしてきた“茶箱あそび”の連載。2年にわたってお送りしてきた内容を振り返ります。

遠くへ旅をしたり、大勢と集まったりすることができない状況でも、「お茶によって“日常の中の非日常”を楽しむことができる」とふくいさん。

皆さんも身近なものを茶道具に見立てて、自分流の“茶箱あそび”をはじめてみませんか?

ふくいひろこ

京都市生まれ。茶道周辺や京都関連本の編集者をつとめながら、自身の趣味として茶箱であそぶこと20余年。茶道具のみならず見立ての道具をふんだんに使い、日常で楽しむお茶を提案。道具を集めるのに飽き足らず、理想の茶箱道具を知り合いの作家や職人にオーダーするうちに、オリジナル茶箱の作品群が生まれ、時折展示会なども行っている。
●水円舎ホームページ https://suiensha.com
Instagram:@suiensha

文・写真/ふくいひろこ

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading