ハイジの山小屋、瑠璃色の湖…スイスの大自然に魅せられて

青嫁日記~きもので巡る世界の旅 Vol.9

突然ですが私、元ダンサーにも関わらず、運動が大っ嫌いです。 その中でも特に山登りがこの上なく嫌いでして・・・。以前夫にどうしてもと誘われ、アメリカのバーモント州にある初心者向けの山に登ったのですが、山頂に到達するまで楽しいと思った瞬間は一度もなく、むしろ重い足取りを一歩一歩進めるごとに、ここへ連れて来た夫への怒りがふつふつと湧き上がるほどでした。

登山というのは、自ら望んで山に向かわないと、感動は得られませんね。 皆さんも周りにいる登山嫌いの友人を「登ったら絶対感動するから!」とか言って無理やり山に連れて言ってはダメですよ~(笑)。そこに思ったほどの感動がなかった場合、あなたが恨まれます…おそらく。

ところが、そんな筋金入りの山嫌いの私が、スイスの自然の美しさに魅せられ、なんと山に登ってしまったんです(しかも何度も!)。 ブルーマンのメンバーと団体で登りに行ったり、家族3人で登ったり、更には息子を連れ、母と息子のみで登りに行ったり。

登山嫌いだった私を変えるほどの、スイスの大自然の魅力を本日は皆さまにお伝えします。

前置きが長くなってしまいましたが、スイスの自然に興味を持ったそもそものきっかけは、滞在先のチューリッヒの街からも、日本の自然とはまた一味違ったヨーロッパ独 特の自然の美しさを感じることができたからでした。

チューリッヒの街中には、チューリッヒ湖と呼ばれる、大変透明度の高い美しい湖があ り、チューリッヒ市民の憩いの場となっています。

チューリッヒ湖
その湖や街の至る所から、雪を被った荘厳な山脈が、澄み切った空に顔を覗かせます。紺碧の空、真っ白い雪、そして藍色の山肌の見事な コントラストに、私は一瞬にして心を奪われてしまったのです。

スイス チューリッヒの街並み
スイスの山以上に登りたい山があるだろうか?(いや、ないっ!) と、早速その翌日山へ向かった私たち。

家庭画報 最新号

家庭画報表紙

2018年1月号 12月1日(金)発売!

お正月を寿ぐ、小澤征爾、宇野昌磨、高麗屋三代襲名、将棋の魅力ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading