イチから始めるきもの道

きもので出掛ける日の便利グッズ&梅雨時にきものを楽しむアイデア

ハンカチという小さな世界にも四季の配慮を
【姫路 趣味のきもの えり新/女将・村上美佐さん(ニックネーム:すずめさん)のお出かけ必需品】

「姫路 趣味のきもの えり新」の女将・村上美佐さんが最初に挙げてくださったのは、ハンカチです。

手捺染で染められた竺仙のお膳掛け(左)とおふきん(右)。四季折々の柄がそろっているので、季節に合わせて楽しむことができます。お膝掛け「朝顔」(70×70cm、綿100%)2100円、おふきん「撫子」(35×45cm、綿100%)900円/竺仙

村上美佐さん(以下、敬称略)「はい、季節やお出かけ先、当日のきものに合わせて選んでいます。食事の時は膝掛けに、また敷布としても使えますが、私はよく、ハンカチ代わりに竺仙のお膳掛けやおふきんを使っています。季節に応じた琳派柄が日本らしくて素敵で、欲しいと言われることも多いのですよ。気分を上げるアイテムとして持参しています」

村上さんのお出かけ必需品。季節やその日のお出かけ先、きものによって柄や色などの彩りを変えているそうです。左上・お正月や年末年始にお使いのガーゼハンカチ。右上・お正月から2月くらいまで愛用している梅が描かれた竺仙のおふきん。左下・これからの季節にぴったりなひまわり柄は竺仙のおひらつつみ。右中・懐紙と懐紙入れ。右下・エコバッグ。

村上「さらに万が一、飲み物などをこぼして汚した時のために、しみ抜き用として小さなガーゼハンカチを持っています。汚れた箇所の裏にガーゼハンカチをあて、表には少し水で湿らせたガーゼハンカチを。トントンと優しく叩いていると、裏に汚れを染み込ませることができます。

その後、湿った部分は手で優しく包み、体温でゆっくり乾かすと、シミは目立たなくなり、快適にその日を過ごすことができます。ただし、シミ抜きはあくまでも自己責任でなさってください。ただ、ブルーな気分で一日過ごすのは悲しいので、応急処置をマスターしておけば安心ですよね」

達人の皆さんよりも粗相をする可能性が高いというのに、初心者の私は何も用意せずに出かけておりました……。

村上「他には、歌舞伎などお芝居を観劇するときは、バッグを床に置くことがあるので、荷物がすっぽりと収まるサイズのエコバッグを持つようにしています。それと懐紙。食事の取り皿として、またお菓子などのお包みとしても使っています。和洋問わず、お出かけの際は持っていると便利ですよ」

ハンカチやエコバッグ、そして懐紙。村上さんが教えてくださった必需品は、きものや持ち物を守るためのものばかり。モノを大切にする心を教えていただきました。

●達人の雨じたく 02●
雨の日ならではのおしゃれも存分に楽しんで

写真左・モダンなテイストのオリジナル小市松模様の塵よけ兼雨ゴート。艶感のある素材なので、雨や曇り空の下でも顔映りがよく、華やかな装いに。18万円 写真右・軽やかなシャーリングのしわがおしゃれな、しじら織のコート。従来の雨ゴートと同様、薄手でしなやかな着心地のよさに加え、ファッション性にもこだわった一枚。16万円(洛風林)どちらも加工代別/ともに姫路 趣味のきもの えり新

雨の日は足元が濡れたり汚れたりしますので、まずは足袋カバーと足袋を準備します。そして、雨ゴートは裾まで覆うフルレングスを。洛風林のしじら織コートと、弊店オリジナル小市松コートは、晴れていても違和感のない道中着のようなデザインなので、雨が降る前から着用することができて便利です。


姫路 趣味のきもの えり新
兵庫県姫路市呉服町45
TEL:079-288-6616
URL:https://www.erishin.co.jp

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading