きものダイアリー

イタリア製の玉繭紬地で染めた 洋花唐草のお洒落

「ほていや」より春の新作が届きました!

イタリア製の白生地は、紬でありながら、滑らかな仕上がり。その生地を優しい色に染め、刺繡や金彩で、モダンな洋花唐草を施した訪問着は、華やかなのに主張しすぎず、洋装の中でもしっくりなじみます。春のお呼ばれや各種式典、レストランでの食事会などにおすすめです。

オートクチュールの紬地をきもの用に織り上げました

「親しまれる街の呉服屋さん」として、中部地方を中心に38店舗を展開する「ほていや」。この春、イタリア製の紬地を用いたオリジナル訪問着が完成しました。

イタリアといえば、世界をリードするファッションの街。有名ブランドのオートクチュールに使用するものと同じ素材から、和装用紬地の誕生です。

手掛けたのは、ミラノの北にあるコモ地方で200年あまりの歴史を誇る名門「コモ・セリーニ」。経糸(たていと)、緯糸(よこいと)ともに、2匹の蚕(かいこ)が一緒に一つの繭を作った玉繭から紡いだ紬糸を使用しています。

日本では石川県の牛首(うしくび)紬が玉繭糸を使っていますが、糸には部分的に節があり、織り上がるとその節が味わいとなって、独特の風合いを醸し出します。

Information

株式会社ほていや

愛知県名古屋市中区平和2–2-17

着る人/高垣麗子 撮影/岡田ナツ子 着付け/山㟢真紀 ヘア&メイク/鈴木富美子(EMBELLIR) 構成・文/宮下信子

『きものSalon』2020年春夏号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading