きものダイアリー

加藤和樹さん、銀座できものを誂える!? 男のきもの道 浴衣編 その1

浴衣選びのポイントは?

泉二:昔は男物の浴衣の色といえば、白と紺がほとんどでしたが、今はいろいろな色や柄のものがあります。とはいえ、夏に着るものですからね。見た目が暑苦しくないことがポイントです。

加藤:こんな柄の浴衣もあるんですね。涼しげで、洋服感覚で着られそうです。

実は、浴衣もサイズが重要です

泉二:ただ、残念ながら加藤さんにはサイズが合わないですね。試しに、着てみますか?

加藤:はい。どう合わないのか勉強したいので、お願いします。

裄、身丈、腰まわりの合ったものを選ぶ

泉二:まず裄(ゆき:背中心から袖口まで)が短いですね。本当は手首くらいまであるのが、ちょうどいい長さです。

泉二:そして身丈も短い。裾がつんつるてんだと子供っぽくなり粋じゃありません。帯を締めると裾がさらに上がるので、くるぶしくらいまであったほうがいいです。

加藤:確かに、ちょっと格好悪いですね。

泉二:男性の場合は、女性と違っておはしょり(ウエストあたりで折り返した部分)がなく、丈を調整できないので、よりサイズに気をつける必要があります。

腰回りのサイズも重要なので、やはりいちばんのおすすめは反物からのお誂えです。体に合っていると着付けもしやすく、着崩れもしにくいんですよ。

加藤:なるほど。体に合ったものを着ることが大事なんですね。

というわけで、次回は加藤さんにぴったりの浴衣を泉二さんがお見立て。加藤さんが、実際に浴衣を着ながら、着付けのポイントを学んでいきます。どうぞお楽しみに!

 

加藤和樹/Kazuki Kato

俳優・歌手

1984年生まれ、愛知県出身。2005年のミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年にミニアルバム『Rough Diamond』でCDデビュー。2009年には韓国、台湾、中国でもCDデビューを果たす。音楽活動の一方、俳優としてもドラマ、映画、舞台で活躍。さまざまなミュージカルに出演し、アニメの声優なども務めている。出演する新作ミュージカル『怪人と探偵』が、2019年9月14日~29日にKAAT神奈川芸術劇場、10月3日~6日に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演される。

公式HP/http://www.katokazuki.com/

泉二弘明(もとじ こうめい)さん/1949年、鹿児島県奄美大島生まれ。父の形見の大島紬を羽織って故郷の織物の素晴らしさに気づき、21歳で呉服業界に。1979年、銀座で「もとじ呉服店」を開業。現在、女性のきもの専門店「和織(わおり)・和染(わせん)」、男性のきもの専門店「銀座もとじ 男のきもの」、大島紬専門店「銀座もとじ 大島紬」の3店舗を展開。銀座の街路樹を使った「柳染め」や雄だけの繭から紡がれる純国産絹「プラチナボーイ」への取り組みなど、きものプロデューサーとして幅広く活動している。

銀座もとじ 男のきもの
営業時間:11時~19時
年中無休(年末年始を除く)
住所:中央区銀座3-8-15
電話:03-5524-7472
https://www.motoji.co.jp/

https://onlineshop.motoji.co.jp/onlineshop/

#浴衣記事をもっと読む>>>

初めてでも、一人でも簡単!15分で着られる浴衣の着付け【プロ直伝】

浴衣の着崩れ防止には「補整」が必須!“ずんどう”体型で目指せ、浴衣美人

 

取材・文/岡﨑 香 撮影/西村彩子<SELF:PSY’S>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading