イチから始めるきもの道

これさえ分かれば安心! 40代からの「大人の浴衣」種類とシーンをまとめました

【奥州小紋】
カジュアルシーンをもっと粋に楽しむ浴衣

大人の浴衣 種類とルール
大人の浴衣 種類とルール

浴衣の老舗「竺仙(ちくせん)」が開発した、太番手の織物で手織りの味を再現した「奥州絣」。その生地を使用したオリジナルブランドの「奥州小紋」は、きもの好きな方々にも人気の浴衣。

ちなみに名前にある「奥州」とは東北地方を指すものではなく、自然で素朴なイメージを出すために使われています。薄茶の先染めの木綿糸にベーシックな古典の柄が特徴で、味わい深い雰囲気のある浴衣です。


古谷「奥州小紋はちょっと粋なコットンのワンピースといったところかしら。名古屋帯スタイルなら半衿と足袋を忘れずにね。私は楊柳の半衿と麻の足袋を合わせて着ています」

なんて風流なのでしょう。小物選びはセンスが問われますね。大人が着る浴衣として、粋な装いを楽しむことができそうです。

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading