イチから始めるきもの道

これさえ分かれば安心! 40代からの「大人の浴衣」種類とシーンをまとめました

新人きものライターE子&A子の「イチから始めるきもの道」 きものSalon編集部で働く新人きものライターの2人(E子とA子)が、「きもの道」を究めるべく大奮闘! 今さら聞けないきものの基本、皆さんもご一緒にこっそり楽しく学びませんか。記事一覧はこちら>>

第14回
目指すは“大人のこなれ感”
念願の浴衣早見表作りました!

大人の浴衣 種類とルール

皆さま、夏です、浴衣の季節です!

きものはあまり着なくても浴衣は毎年着ているという方、多いのではないでしょうか。わたくしE子、街で浴衣に半衿や名古屋帯を合わせ、品格ある着こなしを楽しんでいるご婦人を見かけるとつい目で追ってしまいます。

これです、E子が求めてやまない“こなれ感”! 皆さまのように色々な小物を合わせて浴衣が着たいのです!

ですが、果たして手持ちの浴衣に名古屋帯を合わせていいものか、足袋を履いてもいいものか……。いまいち自信が持てず、結局は半幅帯に下駄のスタイルから抜けきれずにいたところ、

「40歳過ぎたらゆかただって足袋は必須よ」

と、撮影スタジオできものSalon古谷編集長が一言(ただいま本誌『きものSalon』は次号の撮影中でございます!)。どきり。無言のE子でございました……。

ああ、この浴衣にはこの小物、といったひと目でわかる早見表が欲しい!

そうでした、ここはきものSalon編集部。撮影の合間にたっぷりと取材させていただくことにいたしました。

スタジオには着付けの高橋惠子さんもいらっしゃり、お忙しい現場にも関わらず表の作成にご協力くださいました。

「きものSalon」ならではの、今の時代にフィットした考え方で「40代からの浴衣早見表」作ってみました! ぜひとも参考にしていただき、安心して浴衣のおしゃれをお楽しみください。

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading