きもので海外

やって来ました!未知の国、サウジアラビア!!

まず空港に到着して一番におこなったこと、それは隠れるように迎えの車に乗り込み、脇目も振らずホテルへ直行したことでした。 なぜならこの国では外国人も全身真っ黒ドレス、「アバヤ」の着用を義務付けられているからです。 

ホテル到着後すぐに、ツアーマネージャーの女性が「さあ!好きなの選んでちょうだい!」と、事前に買っておいてくれたアバヤのコレクションを自室に広げ、女子メンバー全員で試着タイムスタート! 否が応でも女子のテンションは上がります。(全部真っ黒なのにね・・・(笑))。 

外は灼熱ですが、義務とあらば仕方ありません。 

というわけでですね、今回の旅…きものの出番はございませんでした。 

では、皆さんさようなら、ご機嫌よう。またいつか会える日まで…。 

なーんてことにはさせませんよっ!!(笑) 

私、結構しつこい女ですので、これしきのことではめげません。 もちろんアバヤ着用は義務であり、絶対ですので、しばらくは炎天下の中どこに行くにもこの真っ黒ドレスを着用しました。 2日くらいでしょうか?(短いっっっ!) 

そしてサウジアラビア到着から3日目、いよいよブルーマンの公演初日がやって参りました。 「きものが着たい」と心の中でウズウズしていた私に、ツアーマネジャーの女性が「聖子、きもの着たいでしょ?会場の中なら問題ないはずだし、肌を露出するような民族衣装じゃないんだから平気よっ!」と、背中を押してくれたのでした。 こんな風にツアーメンバーも私がきものを着ることを、喜んでくれて、そして応援してくれる。本当にありがたいことです。 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading