きもので海外

テルアビブで注目!の浴衣女子会開催

陽が沈み始め、昼間の暑さが少し和らいだ頃に、私が滞在するホテルに集合。 みんな初めてイスラエルで浴衣を着るということで、着付け中も終始ウキウキ♪ こんなこともあろうかと、浴衣も帯も腰紐も多めに持って来て正解でした!

●この日のコーディネート●
浴衣は、私が20代前半に購入した笹の葉に桜が染められた撫松庵のもの。 当時にしては珍しい小振袖の浴衣で、母が実家の愛媛で見つけてくれました。柄ゆきが若い感じなので、もうそろそろ卒業かな?
 

 

久しぶりに浴衣を着た彼女たちは、本当に嬉しそうで、今後もこうした機会を作っていきたい!と言ってくれました。 元々は海外で自分がきものを着ることで、きものの知名度を高めていきたいと考えていました。こんな風にきものを着る 経験を現地の方たちとシェアすることで、きものファンを更に増やしていけたなら素敵だな、と思えました。 

以前の記事で、イスラエルは美人の宝庫!!と書きましたが、いかがでしょう? イスラエル在住の日本人女性だって全然負けてません!! 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading