ホームデコレーション

インテリアレッスン48(最終回) 旅気分を楽しむインテリアコーディネート

インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす

インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす テーブルコーディネーターやインテリアスタイリストとして『家庭画報』のページを彩ってきた横瀬多美保さん。あらゆるものに美を見いだし、独自の感性でリュクスな空間を創造し続けてきました。そして今、しっくりくるのは上質でありながらもくつろぎ感のあるスタイル、といいます。“生活の中に、美が息づく”そんな日々の暮らしに豊かさを添える素敵なアイディアを巡ります。

LESSON48(最終回)
空間を変えるコーディネートの力で旅気分を楽しむ

マンションの一室という空間を、季節の移ろいやシーンに合わせて整える。そんな横瀬多美保さんの暮らしを通して、コーディネートの魅力や、美しく生活を重ねてゆくことの喜びを提案してきたインテリアレッスン。

1年間にわたった連載の最終回は、旅からインスパイアされたインドスタイルのおもてなしテーブルを拝見します。この連載は最後となりますが、皆さまの日常空間こそインテリアレッスンの実践の場。センスとアイディアを生かして、毎日を楽しんでみてください。またお会いしましょう!

 


「レイノー」のPARADISシリーズのシュガーポットに入れて供したのは、料理研究家の久保香菜子さんのレシピで作ったグリーンカレーと、料理研究家の河村みち子さんに教えてもらったベトナム風トマトカレー。奥のパクチーサラダを盛った金属製のボウルは、昔「ダナ キャラン」で見つけたもの。

Tips1
旅の経験が自分らしいコーディネートにつながる

“自分らしいコーディネート”とは何かと考えたとき、旅の記憶や経験が一つの鍵になると多美保さんは言います。

「知らない風景や文化に出会える旅は、心にさまざまな感動を与えてくれます。その時、素敵だなと思った物やことをコーディネートで表現することが度々あります。親しい友人が集まる今日は、たった一度の旅ですっかり魅せられてしまった、インドでの旅の記憶を生かしました」

メニューがカレーなら、招く側も招かれる側も気兼ねなく集まれます。暑い季節に食欲を刺激してくれるスパイシーな香りの2、3種類のカレーと、簡単な前菜を用意して、カジュアルなカレーパーティを楽しみます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading